MENU

ドリパスの楽しみ方!昔の映画を再び映画館で鑑賞!購入方法から利用方法まで

昔の映画、今はもうDVD・Blu-rayでしか観ることのできない映画でも、映画館で観たい!って作品は山ほどありますよね。

そんな映画館で観たい欲が強い人にオススメサービスが『ドリパス』になります。

ドリパスって何?
ドリパスで本当に自分の観たい映画が観れるの?

と色々と疑問に思うかもしれませんが、仕組みはとっても簡単です。


ドリパスの楽しみ方・使い方

f:id:noon8:20170811001550j:plain
ドリパスの基本的な楽しみ方は、下記の流れになっています。

  1. 自分の観たい映画をリクエスト(投票)
  2. 皆の投票ポイントが高くなれば上映候補入り!
  3. 上映候補入りの映画に一定数の購入者がいれば上映が実現化!

それぞれ簡単に解説します。




観たい映画をリクエストしよう

f:id:noon8:20170811001103p:plain

まずは観たい映画をリクエストします。

他の人と観たい映画が被ってる場合が多いので、その映画作品に投票を行っていきます。

毎日投票することができ、ポイントが高くなればなるほど、上映実施化が近づきます。


なので、他の人が観たい作品が一致しない場合は、いつまで経ってもその作品を映画館で観ることができません。
ドリパスは、個人戦ではなく、団体戦なのです。

他の人と協力しながら、自分達が観たい作品を投票していきます。

期間中上位3位に入った作品が上映実施化に向けて、運営が動き始めます。

上映候補の映画を購入しよう

f:id:noon8:20170811001559p:plain

晴れて上映候補に入れば、チケットを購入することができます。

ただ、100%上映が実施されるわけではありません。
ちゃんと購入する人が一定数いなければ、上映が実施されないのです。

購入する際も他の人の協力が必要なんですね。

だからこそ、映画館で観る際は、「みんな投票して、みんな一緒に購入したんだなー」としみじみします。笑


実際にドリパスでリクエスト&購入!

自分の場合は、「君の名は。」の監督である新海誠監督の作品が全般的に好きで、秒速5センチメートルを是非とも映画館で観たい!と思い、ドリパスを使い始めました。

秒速5センチメートルは1年に1回のタイミングで上映候補の上位に入ってくるので、じわじわとランキングを上げ始めた頃に、リクエストをし始めました。

最初はなかなか上位には入らなかったのですが、他の人の協力も増えてきて、無事に上映候補に入りました!
そこから数ヶ月。。。
ドリパスから上映実施のメールが!

直ぐに購入し、そしてすぐに購入者も一定数を超え、上映の実施も決まりました。

今回は「秒速5センチメートル」と「言の葉の庭」の豪華二本立て!
これで1800円です(手数料が200円弱ほど掛かりました)。
f:id:noon8:20170811002850p:plain

開催場所は吉祥寺プラザ
f:id:noon8:20170811002943j:plain

なんともレトロな感じの映画館でした。

ドリパスの上映は吉祥寺プラザで行われることが多いです。

受付と座席

受付はスマホの画面を見せて、自分の名前を確認してもらいます。

そして吉祥寺プラザの場合は座席が自由でしたので、早めに行くことをオススメします。
自分はギリギリに行ってしまったのですが、普通に自分の好きな席に座ることができました。


鑑賞タイム・・・


映画を観るって本当に良いですよね。
帰りは、秦基博「Rain」をiTunesで購入し、「One more time, One more chance」の二曲を電車の中でずっと聞いてました。




ドリパスの当日券の購入について

当日券の販売有無については、各上映候補映画ページに載っていることがあります。

もし、詳細が載っていなければ、『イベント開催日前日以降に、イベント会場となる映画館までお問い合わせください。』とのことです。


ドリパスは、皆が購入することを約束することによって初めて上映されます。
なので、最初にクレジットカードでの決済が必要となります。


当日用事が入るかもしれない、、でもドリパスのチケットを買いたい、、、という方は当日券について聞いてみるとよいでしょう。
チケットが完売しないことを祈って。。


ドリパスの実施映画館・開催場所について

ドリパスは基本的に東京での開催が多いですが、人気の多い映画・リクエストした人が多い道府県によっては、その地域での開催もあります。

広島、岡山、熊本、京都などなど、地方や都市部での開催も全然あるので、地方の方も諦めずにリクエストしましょう!

吉祥寺プラザのみならず、TOHO系列での上映も多いので、是非チェックです!


まとめ

以上、ドリパスの楽しみ方についてでした。

あの映画をもう一度観たい。。。という方にはうってつけのサービスですね。

踊る大捜査線シリーズを一挙放映!など、4時間にも渡る放映などもあったりします。

シーズンが多い作品、そしてシーズンの続きが今度放映される作品については、ドリパスで上映される確率も高まりますので都度チェックしてみてはいかがでしょう。


「君の名は。」は映画館で何回も観ましたが、それでもさらにBlu-ray Discを購入し、時々観てます。
ただ、やっぱり映画館で観たいな〜って思う時があるので、タイミングを見計らって、いつか「君の名は。」をリクエストしまくりたいと思います。

もし「君の名は。」が候補に上がるようになれば皆でお祭り気分でリクエストしたいですね。


これからもドリパスで映画ライフを楽しんでいきます。
是非使ってみてくださいね!
ドリパス | リクエストの多い映画を映画館で上映します!


では

世界各国で使える海外SIMカード:ワールドSIMカード。月額維持費は0円から!

国を頻繁に跨るような仕事をする方であれば、わざわざ契約をすることなく使えるSIMカードが一枚あれば助かりますよね。

ワールドSIMカードは、海外を飛び回る方向けのSIMカードと言えます。

初期費用は2000円〜で、Amazonでで購入すれば最初に1000円分の無料通話料金が含まれているので、実質のSIMカードの価格は1000円とかなり安いです。

もし海外で通話を使うことが多く、何カ国も飛び回ることがあるのであれば、ワールドSIMカードもSIMの候補の1つに入れても良いかもしれません。


しかし、ワールドSIMカードは、音声通話しか使えないので、もしデータ通信も使いたいという場合は、ワールド・プラスSIMカードも1つの手です。

1カ月間7,992円~でデータ通信が1GB利用することができます。
ただ、現地のSIMカードを直接契約したほうが良いので、日本国内で予めSIMカードを持っておきたいという人向けのサービスですね。


料金体系

ワールドSIMカード(通話専用SIM)は、イギリス国内のSIMを利用しています。

その為、イギリス国内における電話の着信は無料になっています。
イギリス国内であれば、基本的に1分当たり90円で通話が可能ですが、日本国内への通話になってしまうと1分あたりの着信が180円、発信が290円となってしまいます。

詳細の料金はコチラ↓

滞在中の国 着信 日本の携帯・固定電話へ、他のワールド携帯へ、留守番電話の再生 滞在先国内へ その他の国へ
イギリス 無料 90円/分 90円 180円
フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、オーストリア、アイルランド、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、チェコ、デンマーク、ハンガリー、フィンランド、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ 90円/分 90円/分 180円/分 180円/分
日本 180円/分 290円/分 290円 380円
韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、ベトナム、マレーシア、マカオ、アメリカ、ハワイ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ノルウェー、アイスランド、ロシア、トルコ、南アフリカ共和国、カタール 180円/分 290円/分 380円/分 380円/分
グアム、サイパン、インド、インドネシア、バリ島、モルディブ、フィリピン、カンボジア、バングラデシュ、モロッコ、ジンバブエ、ネパール、エジプト、アラブ首長国連邦、メキシコ、ブラジル、ペルー、チリ、ナイジェリア、アルゼンチン、ジャマイカ 200円/分 370円/分 460円/分 460円/分

ワールドSIMカードはアリか?

ヨーロッパなど、頻繁に国を出入りするところであれば、確かにワールドSIMカードのように、1枚のSIMで利用し続けることができるのは大きなメリットです。

ただ、1,2カ国しか行かないような場合は、現地のSIMを調達するか、イモトのWi-Fiなどを借りて、ネットやLINE通話アプリなどで通話すればよいでしょう。

LINE電話の詳細はコチラ
namakeru.com


世界を飛び回る高城剛は、各国のSIMを大量に持っているぐらいです。
もし、SIMの取扱に慣れているのであれば、各国のSIMを契約するのが良いかもしれません。

私も、
・台湾
・アメリカ
・タイ
・フィリピン
などのたまに行く国であれば、SIMカードを現地調達して保存しています。


下手するとたった数分通話するだけで、ワールドSIMカードは1000円に到達しそうなので、通話料金を気にする方は、ワールドSIMカードでなく、LINE通話を活用するほうが良いです。

ちなみに、国外にいてもWi-Fiなどのネットに繋がっていれば、LINE同士の通話は無料なので、日本にいる人と電話したい場合はLINEアプリを使えば問題ありませんね。

ワールドSIMカードはアイランドホッピングならぬ、カントリーホッピングで忙しい人向けのSIMですので、そうでなければ現地でSIMの調達、もしくは日本国内からWi-Fiを持っていけばよいでしょう。

では。