MENU

通販でコンタクトレンズを買う際に注意すべきこと。コンタクトレンズ通販のメリット・デメリット

コンタクトレンズは日本国内では通販で買うことはできませんが、海外発送の通販ショップを使えば、国内からでもネットで買うことができます。

そんなコンタクトレンズの通販で気をつけるべきことについて書きました。
ネットだから安い!と思っていたのですが、衝撃の結末が。。。


コンタクト通販のデメリット

届くまでが遅い

コンタクト通販のデメリットですが、やはり注文から到着までが遅いです。

コンタクト通販はシンガポールからの発送が多いです。
なので、注文から家に届くまで約1週間は掛かってしまいます。

コンタクトレンズに余裕がなく、緊急性のある場合は、街中まで買いに行きましょう!


医者に観てもらえない

日本国内でコンタクトレンズを買う場合は、お医者さんからの診察が必要となってきます。

ショップ併設の眼医者って適当に診てるイメージがあるので、別にいいかなって思うのですが、大きな症状が現れていたらやはりお医者さんも気づくと思うので、そういう意味では医者に観てもらえないのは少し不安ですよね。


正しい度数を測れない

また、ずっとネット通販で買っていると正しい度数がわからなくなる時もあります。

そんな時は、たまにはコンタクトレンズのショップに行って、度数を測ってもらいましょう。
正しい度数を付けないと日常にも、そして眼にも悪いですからね。


安さに惹かれて目に合わないものを買ってしまう

これが一番気をつけてほしいことなんですが、ネット通販には確かに安いコンタクトレンズがあります。
日本語のパッケージなので、大丈夫と思って買ったりするのですが、私は2回ほど変なコンタクトレンズを買ったことあります。

1回目の失敗は、目に入れると激痛が走り、目が傷ついていました。
お医者さんに見てもらって、通販で買うなバカタレと、怒られた記憶がありますw

2回目の失敗は1回目の失敗を忘れた最近のことなんですが、コンタクトレンズを付けたまま寝ると、翌朝の目ヤニの量が半端なかったこと。
特に目が痛いとかはなかったのですが、やはり目ヤニの量がおかしかったので、すぐに元のアキュビューに変えました。


以上、コンタクトレンズ通販のデメリットでした。
ちゃんとしたコンタクトレンズを買わないと失敗もしますし、通販だと定期的にお医者さんに診てもらえないので、やはり通販ではなく、きちんと診察を受けたほうが良いですよ。


コンタクト通販のメリット

少し安くて時短になる?

コンタクトレンズの通販のメリットは、「安い!」
そしてコンタクトレンズショップや診察を受けないで良い「時短」のメリットがあると考えていました。


まず普通に街で買うとどれぐらい費用が掛かるのか、見てみましょう。

ワンデーアキュビューモイストは、安いところだと一箱1920円(1ヶ月分)で売られています。
これを二ヶ月分、両目分買うと2000円×2ヶ月×両目=7680円です。

さらに、診察料は約980円ですので、
合計すると8660円になります。


ちなみに、僕がネット通販で購入したワンデーアキュビューモイストは、一箱1880円で、送料が1200円の
合計で8720円でした。

f:id:noon8:20170911032257j:plain
f:id:noon8:20170911032022j:plain


あれ?
ネット通販で買ったほうが高くなってしまったwww

安いと思って買っていたコンタクト通販ですが、普通に街中で買ったほうが安いし、しかも医者から眼を見てもらえるので、コンタクト通販の良さって。。。


しかし、なかなかコンタクトレンズを買いに行けないような方に取ってみればコンタクトレンズの通販の意味はあるかもしれません。


また、購入の仕方や送料の関係から、ネット通販の方が安くなる場合も全然ありますので、近場のコンタクトレンズ屋と、ネット通販のコンタクトレンズの価格を比較して購入を検討しましょう。


まとめ

それでも僕は、わざわざ時間を取ってコンタクトレンズを買うのは面倒だし、最近はメガネも多いので、コンタクトレンズは通販で買うようにしています。

時短のためにネットで買って、眼をきちんと見てもらえずに疾患にかかってしまっては意味が無いので、定期的に眼科に行ける時はそうします。

なので、私はコンタクトレンズを通販で買うことは推奨はしないのですが、どうしてもネットで買いたい!という方は買ってもいいと思います。

ちなみに、アットスタイルのLensClassの90枚二箱セットだと、普通に安くアキュビューシリーズが買えますね!
メニコンなど種類も豊富です。


以上、通販でコンタクトレンズを買う際に注意すべきことでした。
基本はお医者さんに診てもらえる場所で買って、どうしてもって時に使いましょうね。

では!

永久脱毛じゃなくても脱毛になるって知ってた?脱毛について知っておきたい知識。

知っておきたい脱毛の知識

女性の方なら脱毛をやってみた!という人は多いと思います。
男性の方でも、毎朝の髭剃りが面倒で、脱毛を検討した方も多いハズ。

今回は脱毛についての知識をちゃんと持ってもらおうと、脱毛についての記事を書きましたので参考になれば幸いです。

もしかしたら、これまでにやってきた脱毛って無意味なの?と思われる経験者も出てくるはずですので、しっかり読んで、今後の脱毛について考えてほしいです。

脱毛=毛が生えなくなること、ではない

実は、脱毛って、脱毛処理したところから、『毛が生えなくなること』ではないんです。
フラッシュ照射の脱毛なんて、ほぼほぼ意味が無いです。

なぜ効果があまり期待されないものが「脱毛」と言えるのかというと、
日本には脱毛を定義付ける法律が無いからなんです。


つまり、毛を抜いた感じを演出できれば「脱毛」になるのです。
そんなことしても時間とお金の無駄ですよ。


脱毛のメカニズムについて

脱毛のメカニズムは有名なので、簡単に説明すると、毛を作る組織を熱などをもって破壊することにあります。

主に下の円部分を熱で破壊します。
f:id:noon8:20170911015324j:plain

故に、この組織を無力化するために、黒に反応するレーザーや、直接破壊できるニードル脱毛が効果があると言われています。


レーザー脱毛が良いとされるのは、効率よくメラニン色素に反応させて、毛を作る組織を破壊できるからです。
フラッシュ式の脱毛はメラニン色素に効率よくパワーが届かないので、パワー不足かつ非効率です。


男性にオススメの脱毛方法

男性にオススメする脱毛は『医療脱毛』のみです。

ブラジリアンワックス等の一時的なものも良いのですが、やはりきちんと脱毛を行いたいなら医療脱毛がおすすめです。


そしてニードル脱毛もあまりオススメしません。
ニードル脱毛は効果があると言われているのですが、男性の毛の数は女性の比ではないので、ニードルで一本一本脱毛していくと時間とお金が掛かってしまいます。

それよりも広範囲に照射できる医療用のレーザーが効率的です。
男性こそクリニックでの脱毛です。

間違ってもこの記事の読者はメンズエステサロンに行って脱毛しちゃダメですよ。


女性にオススメの脱毛方法

女性は「エステ脱毛」によく行かれる方が多いのですが、医療施術の行えるクリニックに行ったほうが良いです。

エステ脱毛は医療用のレーザー照射が行なえません。
エステでレーザー脱毛を行ってしまうと、違法になってしまいます。

だから、日本にはエステ脱毛で効率的な脱毛を行える場所はない、はずです。
あったら違法ですからね。

判例評論 最新判例批評(55)いわゆるレーザー脱毛の営業に関し、医師法違反の違法性の意識を欠いたことに相当な理由があるとはいえないとされた事例(東京地判平成14.10.30)

もしくは医療用と同じレーザーの仕組みを使っているtria(トリア)がオススメです。
詳細記事はこちらです↓
namakeru.com


男性でも、ある程度クリニックで脱毛して薄くしたら、tiraはオススメします。
ヒゲだと、毛が密集しすぎててあまりにも痛いので、麻酔のあるクリニックでの脱毛が長続きもするので、脱毛に近づきます。

女性は元から毛が多くなければ、クリニックに行かずに、家庭用脱毛器でも良いでしょう。
しかし、粘膜付近などの脱毛については、ちゃんとクリニックで行いましょうね。


まとめ

以上、脱毛についての知識について簡単にまとめました。

要約すると、

  • 日本では、毛が無く慣れば、また毛が生えてきても脱毛と言えちゃう。
  • 本当に脱毛したいなら、医療用レーザーか、ニードル
  • それができるのは、クリニック(病院)だけ
  • つまり、クリニック以外でのエステ脱毛なんか行っても意味ない

です。


なんでエステ脱毛は、あんなに安くサービスを提供できるか知ってますか?

  • 人件費が安く(医者も看護師もいない)
  • それほど技術もいらない(フラッシュを当てるだけ)
  • 予約パンパンにして回転率を上げてる

からですよ。

安い料金払って、効果もなくて、だけど時間だけが奪われていくのってもったいなくないですか?
脱毛に本気で取り組むなら、ちゃんとした医療用脱毛を行ってくださいね。


医師や看護師の方と相談しながら脱毛は行っていきましょう!

では!