MENU

農業

【英語の不思議】なぜ牛(cow)は、肉になるとbeefになるのか。

英語の歴史 英語というのは比較的新しい言語でして、また他国の色々な言葉が混ざり合ってできています。そして、英語って色褪せませんよね。 シェイクスピアが400年以上前に書いた『ロミオとジュリエット』 これも現代で普通に読まれる小説ですが、日本だと…

【お米の話】魚沼産の時代は終わった。中国米の時代も来ない。じゃぁ何???

お米のランクお米のランクは日本穀物検定協会により毎年評価されています。魚沼産は25年連続特Aと、やはりレジェンド扱いされているだけはあります。 日本穀物検定協会 これは相対評価ではなく、絶対評価であるので、全てのお米が素晴らしかったら全部が特A…

TPP反対派の大義をスライドにまとめてみた

TPP反対派の大義をまとめてみた。TPP交渉も差し詰め、各国の妥協点が見つかってきたようだ。 なので、今更感もあるが、なぜTPP反対派は、TPPに対して反対するのかまとめてみた。最近では、TPP反対派がテレビに出る事も少なくなったので、おさらいをしてみよ…

【書評】農業と経済4月 農業会計からビジネス感覚を磨く 著:小田滋晃

農業と経済4月の「農業会計からビジネス感覚を磨く」について読んでみた。副題は 厳しい状況の日本農業にあって、将来を担う経営体「農企業」が注目されている。その「農企業」の経営戦略の特徴とは何か。会計学は多様で複雑な動態にどう対応していくのか。…

「農業と経済」を読む!〜持続的資源利用と農業貿易自由化 著:加賀爪優〜

「農業と経済」という雑誌は、農業経済学を学ぶ人にとってとても面白い雑誌の一つです。 もちろん、研究者のみならず、実際の農家の方々も自分の経営に落とし込んで 読むことができるかと思いますただ、やはりマクロな議論が多いので、 実地で役立つ事は少な…

馬鹿らしい食料自給率。農政局長もあやふや

先日、とあるフォーラムに参加しました。 なんか、食の価値を考えよう。というフォーラムだったと思います。 さて、どのようなお話だったのかというと 食の価値を考えてどうしたいのか不明確 「食の価値の一つ=旬を知る」という矛盾した内容 中国四国農政局…

セブンイレブンが消えれば、食料自給率は上がる。そして今の本当の自給率は0%

// センセーショナルなタイトルになってしまいましたが、まぁ事実だと思います。 ただし、セブンイレブンが仕入れているおかずや骨無しチキンが海外産だから自給率に貢献をしていないという話ではありません。 さて、なぜセブンイレブンが消えると食料自給率…