読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

iPadなどのSIMフリーデバイスの輸入の仕方〜香港編〜

Apple Apple-iPad
スポンサーリンク

輸入代行サービス

自分は現在、iPad mini Retina(iPadmini2)128GBを格安SIMで運用しています。このiPad miniはSIMフリーバージョンになっていて、香港から輸入して購入しました。どのようにして輸入をそて購入するのか、その方法を紹介します。

 

 

今回は、輸入代行の「電脳中心買物隊」にお世話になりました。

とても中二病的な名前で、信頼度も一見高くなさそうですが、しっかり2台のiPad miniが到着したので安心してもよいでしょう!

 

さきほどのページから、Webページから「香港版・iPad Air/新iPad mini購入お手伝い」のページへ移動しましょう。購入金額は12,324円になっていますが、これはお手伝い費用、つまり手数料だと思ってください。

 

 

そして説明文の書いてある通りに実行をしましょう。

以下、買物隊の説明文に従って解説をしていきます。

 

1 - 本商品を注文します

PayPalもしくは銀行支払いが可能です。

 

2 - 買い物隊から注文確認メールが届きます。この時点ではまだ買い物隊への振込み、Appleへの注文、どちらもしないでください。

まだ振込はしないで、というのはおそらく銀行支払いの事です。PayPalを選ぶと先払いのような形になってしまいます。僕はPayPalをキャンセルして銀行振り込みにチェンジしました。笑

 

3 - 買物隊から別途、香港の住所を指定したメールが来るのをお待ちください (注文一つずつ確認してから送信となりますので1-3平日かかります)

住所を送ってからアップルストア(香港)のページでiPadを注文しましょう。注意してほしいのが、香港のアップルストアはJCBに非対応なのでVISAなどの世界的ブランドのクレジットカードを用意しておきましょう。

 

4 - ご自分でApple Storeで注文 その際、配送先の香港の住所は買物隊が指定した住所を記載してください

住所はどのように書けばよいか分かりませんでした。買物隊が指定してきた住所が枠に入らなかったりw なんとか無駄なスペースを消したり、ビルの住所の入力欄を有効活用してなんとか埋めました...

 

5 - 注文台数は、1回あたり2台までです

同じ手数料を支払うのだから、僕は2台注文しました。残りの1台は無駄にはなりませんでした(後述します)。

 

6 - 注文後にApple Storeより送信されてくるメールを買物隊に転送してください。(Apple Storeより商品受け取りの際の確認で必要です。)

それぞれのデバイスを別のクレジットカードで支払ったので、Apple Storeより来るメールは2通でした。その内の一通が5日後に届くという遅延が発生しましたが、その旨を電脳体に連絡したら承諾してくれました。

 

7 - 買物隊に指定された代金をお振込みください

銀行振り込みの方は、ここで支払いを。

 

8 - 買物隊に商品到着後、商品確認を行います(1-2平日かかります)

商品確認後、すぐに発送してくれました。

 

9 - 買物隊から日本に発送

3日程度で届きました。

 

10 - 買物隊から発送後にトラッキング番号をご連絡します

FedExで送ってきます。トラッキングも個人輸入の楽しみの一つ。笑 

 

 

iPadの到着

iPadが到着したら、中身を確認。iPadminiが2台ありました。

 

なぜ僕が2台買ったのかというと、残りの1台は転売用です。

 

買物隊への手数料の支払いが1万以上もするので、それの足しになればとiPad mini Retina16GBを転売用に買いました。できるだけリスクは取りたくないので、一番安い16GBを選びました。

 

ちなみに128GBと16GBの価格は下の通り(現在の為替は大幅に変動していますが、それと同時にヤフオクの料金も変動するので、転売はいつの時代も可能です)。

香港ドルでの購入なので、クレジットカードの明細で具体的な値段をチェックしました。

128GB:  87,096円

16GB:  54,894円

 

この16GBのiPadはヤフオクに出品して落札者多数で売る事ができました。

売上高は65,000円。

 

f:id:noon8:20150407122825p:plain

 

およそ1万円の利益が出た事になります。。。。。すごい!

 

これを2台売るとなると1万円ちょっとの手数料で2万円の売上がでるので、転売の商材としてはもってこいですね。 

 

これらの利益を考えれば、今回のiPad mini Retinaの輸入は結局1500円の手数料で済んだ事になります。

 

急ぎではない限り、日本のAmazonやヤフオクを利用するよりも、自分で輸入してみるのもありかもです。値段も安く済みます。

 

輸入する際も、今回のような個人輸入代行サービスを使った方が効率的です。関税や税金のことなど難しい点もありますので、それを知っている専門の方にやってもらった方が、確実です。

 

 

関税が掛かってしまう

後日談として。先日、請求書がFedExから届きました。関税の請求書でした。これはiPadを輸入した全員の元へ届くのではなく、抜き打ち検査に引っかかったものへ送られてくるらしいです。。。

 

買物隊さんは関税を安く済ませようとしてたみたいですね。笑

本来iPadは高価なものなので、関税がかかるのですが、品名にはiPadと記入されていなかったので、関税はかからないのかな〜と思っていたのですが、結局はこうして請求書がやってきました。

 

どちらにしろ、払うべきお金なので、セブンイレブンから振込を済ませました。およそ2,500円でした。

 

docomoのiPadでも大丈夫

iPadを香港のAppleから購入する方法について書きましたが、現在の格安SIMはdocomoの電波を中心に利用したMVNOが多いです。また、auのMVNOは最新のiPadが使えないというデメリットもありますので、docomoのiPadをヤフオクで購入しても良いと思います。

 

docomoのiPadでも海外に持っていけば、SIMフリー端末として利用できます。iPadは、国内だけロックがかかっていますので、海外に持って行ってしまえばキャリアは関係なくなります。そう考えると、別に輸入をしなくてもいいのかなと思うのですが、iPhoneに関してはロックが掛かったままですので、今回の手法を参考にしてもらえればと思います。

 

まとめ

今回のiPad mini Retina 128GBは

{87096+54894(iPad)}+11672(手数料)+2500(関税)-65000(売上)=91,162円で買えた事になります。

 

オークファンで相場を調べた所、相場は97,380円なので、今回の個人輸入はオークションで購入するよりも6千円得したことになります!

 

めでたしめでたし。

 

では!