読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

イオンのスマホは買うな?:たくさんのプランから選べ、スマホも同時購入可能!初心者にオススメ

SIMフリー SIMフリー-イオン
スポンサーリンク

スマホ【公式】イオンのスマホ
以前この記事は『イオンのスマホは絶対に買うなよ!他にいいSIMがあるから!他のサービスとの比較をしてみた』というタイトルにしていましたが、その記事から数年が経った今、イオンのスマホはかなり改善して、オススメできるサービスになってきましたので、リニューアルしました!

スポンサーリンク


料金プラン

080や090の番号も使える!通話+ネットプラン

f:id:noon8:20160811122243p:plain
通話ができる音声プランは下記のようになっています。

プラン名 容量 月額費用
音声500MBプラン 0.5GB 1,180円/月
音声1GBプラン 1GB 1,280円/月
音声2GBプラン 2GB 1,380円/月
音声4GBプラン 4GB 1,580円/月
音声6GBプラン 6GB 1,980円/月
音声8GBプラン 8GB 2,680円/月
音声12GBプラン 12GB 3,280円/月
音声20GBプラン 20GB 5,980円/月
音声30GBプラン 30GB 7,980円/月
音声40GBプラン 40GB 10,800円/月
音声50GBプラン 50GB 14,800円/月

【公式】イオンのスマホ

ネットのみ使う人はこちら

f:id:noon8:20160811122312p:plain
もし、音声通話がいらない、データだけのSIMなら下記料金になります。iPadなどのタブレットなどにオススメですが、通常スマホにも全然使えます!

プラン名 容量 月額費用
データ1GBプラン 1GB 480円/月
データ2GBプラン 2GB 780円/月
データ4GBプラン 4GB 980円/月
データ6GBプラン 6GB 1,480円/月
データ8GBプラン 8GB 1,980円/月
データ12GBプラン 12GB 2,680円/月
データ20GBプラン 20GB 4,980円/月
データ30GBプラン 30GB 6,980円/月
データ40GBプラン 40GB 9,980円/月
データ50GBプラン 50GB 13,800円/月


現在の格安SIMの目安は3GB1000円以下です。
イオンのSIMの場合、4GBで980円なので、かなり安いです!


昔はもっと高かったのに、格安SIMの中で超優秀なサービスとなっています。

【公式】イオンのスマホ

家族で経堂で使うシェアプラン(音声通話付き)

f:id:noon8:20160811122317p:plain

データ4GBプラン 4GB 1,780円/月
データ6GBプラン 6GB 2,280円/月
データ8GBプラン 8GB 2,980円/月
データ12GBプラン 12GB 3,580円/月
データ20GBプラン 20GB 6,280円/月
データ30GBプラン 30GB 8,280円/月
データ40GBプラン 40GB 11,100円/月
データ50GBプラン 50GB 15,100円/月

格安SIM、格安スマホもネットの容量を家族でシェアできるようになりました、イオンのスマホも同様に、シェアプラン・3回線セットがあります。

SIMは3枚支給され、音声1枚・データ用2枚となっています。
→3人とも音声通話が欲しい場合はバラで契約したほうが良いです。

公式ページで、各プランが簡単に選べますので、状況に応じて申し込みましょう!
【公式】イオンのスマホ


スポンサーリンク


IPを使った通話かけ放題プラン

f:id:noon8:20160811131412p:plain

なんと毎月1980円〜使えるかけ放題プランも登場しました。

  • ネット容量1GB
  • 080や090の番号
  • IPアプリで通話かけ放題

という内容になっています。

IPアプリというのが通常の番号に加えて050から始まる番号となります。

IP通話アプリのメリット、デメリット

このオプションのメリットは、『かけ放題』という点にあります。
しかもSoftBankやdocomoなどの5分以内、10分以内という制約がありません。
つまり、長電話でもオッケーです。
それが2000円以下から使えるのは大きなメリットです。

また、通話の回線を使わずネット回線を使うのがIP電話アプリの特徴です。
なので、地下にいてもWi-Fiがあれば通話ができます!


しかしながら、電波の強さに頼ってしまいますので、
若干のラグや繋がりにくさを感じる時もあるかもしれません。


電話を長くする方や、
気にせず長電話したい!という方には素晴らしいサービスです。
スマホ【公式】イオンのスマホ


イオンの格安スマホセット

イオンは格安SIMのみならず、スマホとのセットも販売しています。


XperiaJ1 Compact

f:id:noon8:20160413223922j:plain

XperiaJ1 Compactは、スマホ本体代が54,800円(税込59,184円)となっています。


端末代とデータ通信、音声通話基本料を合わせると2年間で計算すると、月々最低約3,000円(税込)〜になります。端末とデータ料金含めてこの値段なら普通のキャリアで契約するより安いかもしれません。ただ、やはり端末代が高いかもしれませんね。

24ヶ月後は端末代は不要になるのですが、2年後といえばまた新しい機種も出ている頃です。月々の携帯料金は下がることはないでしょう。なので、できれば自分の満足のいく端末で、かつ安いものを選びましょう!しかし、この記事は2年以上も経つのに機種はあまり変わらない現状を考えると、XperiaJ1でも全然良いかもしれませんね。


こちらにXperiaJ1とZ3を比較してます。Z3おすすめです! 
namakeru.hatenablog.com


スポンサーリンク



VAIO Phone

VAIO Phone

SONYから切り離されたVAIOが、自信を持って発表したのがVAIO Phoneですが、少し使いづらいかもしれません。スペックは以下の通り。

重量 約130g
バッテリー容量 2,500mAh
OS Android™ 5.0 Lollipop 32 bit
CPU 1.2GHz, クアッドコア
内部ROM/内部RAM ROM16GB / RAM2GB
SIM タイプ マイクロSIM
カメラ有効画素数 【メイン】1300万画素

スペックだけ見るとまぁまぁですので、5万円だとこんなもんでしょう。
イオンでスマホとsimがセットで購入可能です。


geanee FXC-5A

この機種は、前に発売されたものとなっており、イオンのスマホの中では古いほうです。スマホの性能は下記の通り。

スマホ性能

OS Android 4.4
CPU MT6582M 1.3GHz (クアッドコア)
メモリ FLASH ROM : 4GB DDR2 RAM : 512MB
カメラ 背面:500万画素 /前面:200万画素
通信方式 3G


1万円台の携帯としてそれ相応の性能だと思います。1万円格安スマホなので、3G通信のみでLTEには対応していません。他のSIMを利用して高速通信を行おうと思っても不可能です。

15000円のスペックならこんなものかな、というスマホで時代遅れな感じもしますが、ライトユーザー(初心者)ならまずこれを使ってみるのも良いかもしれません。そういえば、この機種は当初は限定発売だったような...まだ売り上げが達成されていないのかな?!


イオンスマホ安心パックは必要?

このブログを読んでいる方(このブログにたどり着いた方)は、相当情報リテラシーも高いはずですので、このイオンスマホの安心パックにも気をつけていただきたいです。


電話対応+故障対応+セキュリティで月に648円です。少し高い。


特に1~2万円しかしないスマホを買ってこのパックに入るのは大損です。この安心パックに2年間も入れば15,000円の出費になります。時期がたてばスマホも安くなりますし、新しい機種も発売されます。入らない方がいいでしょう。どうしても保険をかけておきたいならば僕は止めはしません。ただ、やっぱりこの安心パックって格安スマホに加入する上でとても重要だと思っています。

安心パックは、スマホの扱いなどがあまりよくわかっていない高齢者や主婦層には有効なオプションだと思います。格安SIMは、人件費などを削りに削っているので、電話でのオペレーションには対応していません。docomoに行っても対応できません。なので、もしスマホを買って不安!という方はオプションに加入しておきましょう。

スポンサーリンク


過去のイオンのスマホ

イオンは以前、日本通信とコラボしていました。Android端末「Nexus 4」を月額2,980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を全国のイオンで発売したのが最初です。そこから数年が経ちましたが、このセットは月々2980円で、機種代金が1,420円分、通話やネットの為の料金が1,560円分という価格になっていました。今考えてみるとこれほど酷いものはありませんでした。


その時の通信速度は200kbpsで、ネットの利用料は月額1560円。オプションとして、一定の通信量分だけ高速になるTurbo Chargeが利用できますが、これもぼったくり価格でした。


200kbpsのスピードでは、通話やメール、Webブラウジングは可能であっても、YouTubeなどの動画、HD動画の視聴はできません。それで毎月1,560円というのはあり得ません。むかしむかし、この機種を買った人は、ひどいババを引かされた訳です。泣

これを契約するぐらいなら、IIJmioのみおふぉんを契約すべきでしたね。今は昔のできごとなので、これ以上語ってもキリがありませんが、これがイオンのスタートと考えるとものすごくサービスがよくなったと思います。



まとめ

以前に比べると格段に良くなりましたね。

イオンは以前、代理店として格安SIM、格安スマホを売っていました。今ではMVNOとしてサービスを提供しているので、極限まで料金を下げてきています。もしご自分で端末を持っているならば、イオンのSIMを利用するのもアリだと思います。本当に安いですからね!


また、スマホとセットで購入できますが、この中だとXperiaJ1がオススメです。一番使い勝手が良い機種です。


イオンのスマホはプランも柔軟に選べるので、初心者にとてもオススメです!まずは4GBぐらいの容量で契約してみると良いと思います。


では!
【公式】イオンのスマホ