読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

iPhone6PlusとiPadminiの差別化。それを選ぶ基準とは?!【iPhone、iPadmini、iPadを使用してきた経験から比較!】

Apple Apple-iPad Apple-iPhone
スポンサーリンク

f:id:noon8:20140912115132j:plain

iPhone6PlusとiPadminiの差別化

それぞれ比較していますが、相対的に比べているのであって、何かの基準を元に絶対的な数値をもって比べていませんので、ご注意を。

iPhone6Plus iPadmini
1.メール
2.ネット
3.電話
4.アプリ
5.ゲーム
6.音楽
7.動画・写真
8. eBook
9.写真を撮る
10.モビリティ


それぞれの役割

メール

メールとしてはどちらも十分な機能を果たせるでしょう。
長文メールはiPadminiの方がやや分があると思いますが、チェックして、返信する流れだけはどちらも優秀です。

ネット

ネットサーフィンは画面が大きければ大きい程見やすいです。母国語であれば、一目見た時の範囲が大きければそれだけ情報をインプットして、情報の取捨選択ができます。しかしながら5.5インチのファブレットもこの点においてもiPhone5sよりは良いでしょうから、

電話

電話は、iPhone6plusはギリギリ許容できる範囲ですが、iPadminiは無理ですw
僕は、iPadminiで050PLUSを利用していますが、マイク付きイヤホンを毎回使用しています。もし、イヤホンが無かったりしたらかなり不便ですので、iPadminiは×に近い△です。また、キャリアの電話(格安SIMの電話も)利用できないのが痛いですよね。。。これはiPhone6Plusの圧勝です。

アプリ

大きくアプリと括ってしまいましたが、やはり画面が大きい方が何かと有利です。機種が小さければ小さい程いいアプリというのは、あまり思いつきませんが、機種が大きければ大きい程いいというアプリはいくつもあります。

  • カーナビ・地図
  • 絵を書く
  • Twitter
  • 辞書
  • ニュースアプリ

これらは本当にでかい方がいいです。iOSの肝の一つはアプリでありますので、これも重要な指標となります。

ゲーム

これはアプリというジャンルに括っても良かったのですが、なんかゲームは別のようで。。。笑
これもアプリと同じ理由で、大きい方が有利ですね。

音楽

ポケットに入れて音楽を楽しむ。それは小さい方が有利です。iPadで音楽聞くというのはあまりクールじゃないです。

動画・写真

ジョブズの心はここにあります。延長して、動画を見るならiPadを。。。iPadminiはモビリティの高いiPadですが、迫力はiPadに負けます。

eBook

iPadminiで論文の把握がギリギリでしたので、やはりiPadminiかな。

写真を撮る

画素数も、持ちやすさも断然iPhone6です!

モビリティ

持ち運びやすさは小さいものが良いですよね!


ここからの選び方

自分のしたいことを、MUSTとWANTに分けてみましょう!これらは、自分の内的・外的環境に左右される部分があるので、その自分がおかれている状況を整理した後で考えてみてもいいかも。

例えば、「自分は論文を読む時間が多い。」「ニュースアプリを利用する時間が多い。」「電話はどうしても必要。」だとか。。

ちなみにMUSTは「絶対に必要!」という感じで、WANTは「あったらいいかも」という感じです。

これらを元に以下の表にM o rWを記入してみましょう!

M or W
1.メール .
2.ネット .
3.電話 .
4.アプリ .
5.ゲーム .
6.音楽 .
7.動画・写真 .
8. eBook .
9.写真を撮る .
10.モビリティ .

自分はこんな感じです。

M or W 理由
1.メール M 言わずもがな
2.ネット M 言わずもがな
3.電話 M やっぱり電話機能は100%欲しい
4.アプリ M 肝なので
5.ゲーム W ゲームは娯楽
6.音楽 W 小さい方が良いが、iPadサイズでもok
7.動画・写真 M Xvid..
8. eBook M 論文読む
9.写真を撮る W .
10.モビリティ W iPadminiでもあまり不自由しない

ということで、電話機能が100%欲しいので、結局はiPhone6Plusを利用します。そして、iPadminiやiPadはどういう時につかうか。それは上記のMUSTとWANTの引き算です。例えば、アプリやeBookはMUSTと言っているのにファブレット(5.5インチサイズ程度のスマホを指す)を選ぶ。つまり、そういう時はiPadminiに切り替えるという事。逆にゲームはWANT程度なので、iPadminiを取り出してまでやる必要がないということ。

これで、二つの差別化ができました。

ってか、iPhone6PlusとiPadminiの差別化をするといいながら、結局はその時々に応じて使い分けるということで、常日頃もつものはファブレットの方になりそうです。ってことは、家に帰ればiPadminiを使うのか?それだったら、iPadを選んだ方が良い!となり、ファブレットでだいたいできるから、iPadも必要ない!ということに最終的にはなりそうです。。。笑

こういう事を考えてしまえばしまうほど、iPadminiというのが中途半端な存在になっています。

結論

携帯機能や通話を重視の場合は、
iPhone5s⇔iPhone6⇔iPhone6Plus
の中で自分にあったものを選ぶでしょうが、

家でのんびりと楽しむという場合は
iPadのみ

じゃぁ逆に
iPhone5s⇔iPadmini⇔iPad
という軸は存在するのでしょうか?一応存在します。両極端の両者と中間という位置づけですね。モビリティと機能の中間地点がiPadminiなので、強引に言えばiPadminiはいいとこ取りで、悪く言えば中途半端なやつです。現在の僕。

しかし
iPhone5s⇔iPhone6Plus⇔iPadmini⇔iPadという軸は、存在しにくいのです。iPadminiは本当に中途半端な野郎となってしまったのです。なぜなら、中間のこの二つは機能とモビリティで選ばれるからです。モビリティはiPhone6Plusで機能もそれほど変わらないなら、絶対にiPhone6Plusとなるのです。


ただ、2台持ちが許せるならば、
やはり「ガラケー+iPadmini」はまだ選択肢として残っています!むしろガラケー+iPhone6Plusは共存は難しいと思っています。

これらの結論を鑑みて、選んでみましょう!

では