読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

『アメリカ放題』を選んで良い人と、選んではいけない人

SIMフリー SIMフリー-キャリア
スポンサーリンク

f:id:noon8:20140918033255p:plain

アメリカ放題とは何か

SoftBankがSprintを買収した相乗効果を狙い、新たな施策を発表しました。

其の名もアメリカ放題

「アメリカ放題ってなんだよw」は以下禁止です。笑

もっと他に良い名前は無かったのかなと思ったのですが、ターゲット層が確実に絞られているので、このネーミングでありだと思いました。

まずは、アメリカ放題の中身をチェックしてみましょう。以下、簡単に要約します。

  • SoftBankにおいて、スマ放題5GB以上のプランの方が対象(8000円〜)
  • サービス利用額は980円/月額?(現在はキャンペーン中で、今申し込むとずっと無料)
  • 申し込みも不要で、いきなり使えちゃう
  • iPhone6,6+が対象機種

と、こんなところでしょうか。スマ放題の料金プランは以下のようになっています。
f:id:noon8:20140918035432p:plain


アメリカ放題のターゲット

これは、SoftBankも思考停止の奴を狙ったうまい商売だと思いました。それでは、SoftBankはどのような人をターゲットとして見ているのでしょうか?学生、社会人、老人という3つの軸で考えてみましょう。

学生

まさに「アメリカに留学もしくは旅行で行かれる予定はありますか?」が、営業文句になってくるだろう。アメリカに行く予定があるならば、今無料のアメリカ放題が付随する
5GBのスマ放題をお勧めしますよ^^

まさにこの一言の為だけに作られたプランである(学生ターゲットの際)!!!こわっw
学生よ、たった1週間そこらの旅行、もしくは半年や長期の留学になるならなおさら、このプランには入っては行けない。長期留学なら、現地SIMの利用をお勧めする。短期の場合も、たった短期のためだけに5GB以上のプランに入るのはけしからんぞw

せっかく、ホワイトプランも選択可能なiPhone6なので、スマ放題なんか別に入らなくて良いでしょ、学生は特に。なので、スマ放題も入っては行けないしましてや5GBなんて不要!

以下は、アメリカのMVNO会社の一つですが、これよりももっと安いプランはかなり存在します!このプランはSoftBankのものよりやや安いので、SoftBankのアメリカ放題なんて不要です。今度、それをまとめます。
Go Red Pocket - Plans

ちなみに、学生さんはこちらの記事は必読です


社会人

学生よりもやや賢い社会人なら上記のような視点で見る事もできると思います。なので、本当に自分が5GBも必要なのかを見極めて加入してほしいです。特に出張等で、海外に出て行かれる方はこのアメリカ放題は必要となるかもしれません、かなり良いプランだと思います。が、それでも出張の頻度によるかと思われますので、十分にご検討を。

老人

まさに情弱商法。もし僕が店員なら

「現在スマ放題に加入して頂くとアメリカ放題というプランも一緒にしかも"無料"で使うことができます。これから海外にでるにしてもでないにしてもスマ放題では電話もかけ放題となり、インターネットも5GBも使えるのでこのプランに加入しておいて不足はまずないかと思われます。iPhoneなら特に、データ通信が何かと必要となってくる機種ですので、スマ放題の5GBもしくは10GBは必要になってくるかと思われます。お客さまの場合ですとそれほどご利用になられないとのことなので、スマ放題5GBでよろしいかと思います。アメリカ放題等のキャンペーンも実施中ですので、損はないと思いますよ。是非ご検討下さい^^」

と、情報をかなり提示しまくって、そしてクローズドな質問(5GBか10GBという2択のみ迫る)をすることによって、相手の選択を誘いますね。笑

もちろん、スマ放題を選んだとしても別に5GBも必要ないと思うので、、というより、格安SIMでいいです!笑


まとめ

ということで、アメリカ放題は情報弱者を狙った商法であるのがすぐにお分かりであろう。SoftBankもなかなかやるな!という印象である。

こうした宣伝文句を1つでも2つでも多く抱える事は営業もしやすくなるだろうし。そして、ターゲットは、受動的な方達なので、「アメリカ放題」といういかにも分かりやすいネーミングがウケたりするのかと思われる。

ということで、

「アメリカ放題」に加入したい為にスマ放題の5GBは簡単に選ぶな!

が結論です。

ってか、携帯料金が月に8000円はどう考えても高くないですか?例え、iPhone6/16GBが実質無料だからといって。。。以下に参照記事を載せておきます。上記記事はauを参考にしていますが、ホワイトプランを選択可能となったSoftBankにも当てはまる事ですので、置き換えて読んでみてください。

また、質問も受け付けますので、コメント欄を自由に使ってください

では