読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【レビュー】ノイズキャンセリング・ヘッドホン『Bose QuietComfort25』を買ってきたのでレビュー【超いい!】

ガジェット ガジェット-ウェアラブル
スポンサーリンク


ヘッドホンに無頓着だった

イヤホンにかけるお金といえば1000円弱。

酷い時は中学の修学旅行の時に飛行機(ANA)で貰った(パクった?)ヘッドホンや、センター試験のリスニングのイヤホンを使い回していました。笑
100均イヤホンなんて当たり前

そんな自分がいきなり3万円もするヘッドホンを買ったので、その感想等をつらつらと書いていきます。


BEST BUYへレッツゴー!

日本のビックカメラ、ヤマダ電機的なBEST BUYへ行ってきました。

f:id:noon8:20141011052054j:plain

西海岸の日差しは気持いいです。

今回の目当てはBOSEのヘッドホンとSIMカードです。

早速入店するも違和感に気づきます。。。
ビーーックビックビックビックカメラ!!!
という電気店特有のうるさい音楽が流れていません。結構またーーりしている店内ですので、日本とは全然違いました。この静けさがデフォルトな外国人からしたら日本の電気ショップって異様な雰囲気かもしれませんね。笑


f:id:noon8:20141011052535j:plain

格安SIMやキャリアのプリペイドカードが売ってありました。このSIMに関するレビューはまた今度にするとして、


f:id:noon8:20141011052623j:plain

ありました。先月発売されたばかりの『Bose QuietComfort25』
ブラックが違う棚に置いてあるのはご愛嬌。笑



f:id:noon8:20141011052746j:plain

『Bose QuietComfort15』や『Bose QuietComfort 3』の視聴もできました。
Bose QuietComfort 3は耳全体に密着するような感じなので僕は好きになれませんね。Bose QuietComfort15のノイズキャンセリングを体験してみるも、「こんなものか」というのが僕の最初の感想でした。まぁノイズキャンセリングってのは雑音を0にしてくれるのであって、人の声や大きい音はやはり聞こえてしまいます。全く外の音が聞こえなくなるという妄想を勝手に抱いていたので、自分で勝手にハードルを上げてました。


さて「299ドル+tax約8%」で購入してきたのですが、ご存知のように日本は以前と比べると円安傾向にあります。よって、日本で購入した方がアメリカで買うより安くなっています。笑

アメリカで購入したら35,000円程*1しますので、日本の32,400円より全然高いです!この円安傾向が進めば、日本からの輸出ビジネスもできちゃうぐらいです。笑 ebayでは「290ドル、送料無料」なら確実に落札してくれますので、もう少し円安にならないときついかもしれませんね。

ちなみに僕はライフカードの学生カードを所持していますので、海外のお店でお買い物をすると5%キャッシュバックになります(ネットでは適用されないので、わざわざBEST BUYに来た理由はこれです)。よって、日本とあまり変わらない金額で買えたのですが、やはり円安は痛いですw
学生専用ライフカード|クレジットカードはライフカード


レビュー!

開封の儀!というめんどくさいものは省くとして、Bose QuietComfort25を実際に使ってみます。

f:id:noon8:20141011054120j:plain
Bose QuietComfort25は、ケースに入れる事ができます(折り畳める)。これは結構ありがたいかも。コンパクトケースに入るのは旅行する時に結構重宝します。予備用の電池も入っていますので、これもなんかおしゃれですね。


f:id:noon8:20141011054415j:plain
ちなみに電池は単4を使用します。36本ほど購入しました(約500円)。電池1本で30時間以上はノイズキャンセリングの機能が使えるそうです。ちなみに僕はスイッチをオフにするのを忘れる事が多く、2,3日で1本を消費しています(泣


ノイズキャンセリング機能

先ほども言ったように外側の音が全く0になるわけではありませんが、やはりノイズキャンセリング機能は素晴らしくて車が全部プリウスになるので、歩きながらの時はスイッチをオフにしましょう!笑


装着感

装着感も凄くいいですね!普段はコンタクトレンズを使用していますが、メガネをかけていても全く痛くないです!

耳へのフィット感も最高で、疲れることはないです。全く違和感を感じないと言えば嘘になりますが、それでも洗練されているなというのが僕の感想です。ヘッドホンってこんなに凄いんですね。笑

ただしフィット感が良いということは若干ですが蒸れます。が、耳の穴が蒸れるよりはいいと思っています。最近、イヤホンばかりして耳の穴がジュクジュクしそうな感じだったので、ヘッドホンだとその点が気になりません。


寝る時の使用は絶対に無理ですので、その点ではイヤホンを使った方が良いでしょう。
Bose QuietComfort20はイヤホン型です。さすがにそれを買う財力はないので、安いもので我慢するしか無いですね。よって、長距離移動が多い方(飛行機や新幹線の利用が多い)はヘッドホンよりイヤホン型がおすすめです。


音質

僕が音質を語れる立場にありませんが、ノイズキャンセリングを含めると音の綺麗さに本当に驚きます!低音を意識して聞いた事がありませんでしたが、低音の素晴らしさに気づき始めた所存です。。。

f:id:noon8:20141011054449j:plain


低音をめちゃくちゃ欲する方は耳栓との併用をされた方がいいかもしれません。音量が大きい程低音の『ドゥン』という音が、振動が伝わってきます。ただ、僕は大音量で音楽は聞けないので耳栓を併用する事でカバーしています。耳栓とノイズキャンセリングの併用は、本当に外の音が聞こえなくなるので危険です。笑

僕がノイズキャンセリングヘッドホンを買おうと思った動機の一つに、ルームメイトのネトゲ騒音を遮断したかったのが1つあります。笑 これは大いに達成する事ができました!


また、これは僕のリスニング能力の変化にも依る所で断言しにくいのですが、洋楽や英語のラジオをノイズキャンセリングで聞くと今まで聞きにくかった"ッ","トゥ","プ"が聞き取りやすくなった気がします。


音漏れ

音量MAXは音漏れでうるさいです。笑
iPad、iPhoneの音量だと、半分ぐらいのボリュームでちょうど聞こえなくなるぐらいです。

1人でいる時は、音量MAX+耳栓コンボは使えますが、公共の場では周りにも気を配りながら音楽を聞きましょうね。


通話も可能

また、マイクが付いているのでiPhoneの通話やiPadでもLINE電話の通話にも対応していますし、音量調節機能も備わっているので、これで電話する事がほとんどです。

スポンサーリンク


生活も変わる

良いオーディオ機器を所持する事は、音質の良いものを聞きたくなります。そして音楽が好きになる!

これは事実、iTunesからの購入をした事の無い僕が購入してしまったぐらいです。適当なイヤホンをしてきた僕は適当なものを聞いていたのですが、やはり良いものを身につけるとそれに見合ったものを使いたくなるものですね。笑

そして高額な物を身につけると、自分の身だしなみも変わります!これまじで!笑

ということで、時にはユニクロから脱した生活もいいかもしれませんね!内側から溢れ出てくる自信は、BOSEから始まるのです。。。


値下がり率

商品の値下がり率についてですが、これはApple製品並みに緩やか!定価販売のおかげですね。
しかしながら円安で商品の価格が高くなってきているので、買うなら早めにだと思います。定価が値下がる事はまず無いので。

2色の黒と白

色は黒と白の2種類ありますが、汚れが気になる方は黒を選んだ方が良いでしょう。先ほどの僕のヘッドホンは既に汚れが付いちゃっています。。。なので、珍しさを求めるなら白ですが、オーソドックスにいくなら黒がいいかと思います!


以上になりますが、ヘッドホンのレビューでした。来年発売したらまたその進化の出来映えを確認するために買ってみたいと思います!


では!
Bose QuietComfort 25

*1:オレゴン州は消費税が0なので、33,000円で購入できます