読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

TONE:通信費1000円、端末代1000円の分かりやすい格安SIM・スマホ!

SIMフリー SIMフリー-TONE
スポンサーリンク


ぬーん

フリービットが新しく生まれ変わりTONEとして再登場!プランやスマホ端末も刷新されており、子どもやお年寄りにとても優しい格安SIM・スマホとなっています。敷居が低い格安SIMだと思います!


TONE

ネットが使い放題で1000円は安い!

TONEはネットが使い放題で1000円というシンプルな料金体系になっています。通信速度は500~600Kbpsとなっており、他の高速通信と見劣りしますが、昨今の格安SIMは通信速度がそれほど高くないことから、500~600Kbpsでも十分じゃないかと思います。


高速通信の理想値は150Mbps(150,000Kbps)ですが、ひどい時は1000Kbpsを下回ることもあったり。それなら最初から500Kbpsが期待できるTONEの格安SIMは断然ありだと思います!!!


気になるのは、短期間における大量通信の制限ですよね。基準は、3日で連続300MBの容量を使った時に制限が掛かるようです。ヘビーユーザーにとっては、ちょっと少ないかなという気もしますが、ターゲットユーザー層が子どもとお年寄りにしていることから、そこまで必要はなさそうです。


また家にいることの多い主婦層もWi-Fi利用が自宅でできることから、とても親和性の高い格安SIMだと言えます。

端末のインターフェースが素晴らしい。

TONEのスマホは、標準のAndroidのホーム画面に加えてスタイル・シンプル・ティーンと3つのオリジナルホーム画面が存在しています。
f:id:noon8:20150515180244p:plain


スタイルは、必要な機能だけをホーム画面に置いたモダンなデザインになっています。シンプルは、らくらくフォンのようなシニア向けのデザインとなっています。ティーンは、子供が喜びそうなホーム画面になっていますね。


スペックは以下のとおり

容量 4 GB(ユーザー領域2GB)
メモリ 1 GB
CPU クアッドコア 1.3GHz
外部記憶領域 micro SD(最大32GB)
重さ 189g
背面カメラ 800万画素


メモリが1GBなのは心もとないですが、最低限のスペックは兼ね備えています。カメラの画素数が800万画素あるので、こちらはナイスです!!ただ、24,000円ほどの価値があるかどうかは微妙ですが、だれでも簡単に使えそうなインターフェースなので、まぁ妥当かもしれません。

TONEの特徴

TONEならではの特徴が他にもたくさんあります!それぞれ紹介していきます。

ポイントが貯まる

TONEは誰もが知っているTカードの格安SIM・スマホサービスです。利用料金に対して200円につき1ポイント貯まります。2015年の秋からは、ポイントでの支払いも可能となりますので、Tカードユーザーには嬉しいですね!またTポイントがたまりやすいクレジットカード(ファミマTカードなど)と併用することでさらに節約が期待できそうです!

格安SIMでは珍しい手厚いアフターケア

格安SIMといえばアフターケアがキャリアよりも乏しい印象がありますが、TONEはアフターケアサービスにも力を入れているそうです。


しかも今後はTSUTAYA店舗でもアフターサービスを受け付けており、どんどんそのエリアも広げていく予定です。格安SIMにはなかった有人店舗での受け渡しやアフターサービスは、TSUTAYAならではの特徴と言えそうです。

オリジナルIP電話アプリ

TONEのスマホにはTONE電話というアプリがあります。TONE電話同士なら無料で通話が可能ですし、一般電話への通話も3分13円と格安で利用できます。ただLINE電話の方が使い勝手が良さそうなので、TONE電話を利用してもいいし、LINE電話を利用しても良さそうですね。

namakeru.com

まとめ

この他にもSMSが最初から無料で付帯しているなど、1000円とは思えないサービス内容だと思いました。TONEは子供とお年寄りにフォーカスされている格安SIM・スマホだと思いましたが、ライトユーザー層なら誰にでもピッタリなプランとなっています。

フリービットのサービスからここまでシンプルに、そして使いやすくなったTONEは今後目が話せませんね!

では!
格安SIM・スマホ「TONE」の申し込み