読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

バニラVISAとVプリカのメリットと使い方。プリペイドVISAは、AppStoreなどで使えるのでとても便利!!

ライフハック ライフハック-ファイナンシャルプラン
スポンサーリンク

VISAプリペイドカードとは

バニラVISAやVプリカという魔法のカードをご存知でしょうか。こちらのカードは、VISAプリペイドカードと言われていて、クレジットカードと似たようにインターネットで利用することのできるカードになります。


クレジットカードは、その名の通り「信頼カード」という意味ですので、誰でも作れるわけではありません。しかしながら、プリペイドカードは事前にお金をチャージする形になるので、審査などが不要です。つまり、誰でも購入することができ、クレジットカードと似たようにインターネット上で買い物ができるのです!



VISAプリペイドカードのメリット

VISAプリペイドカードのメリットは計り知れないです。
何と言っても、

  • 書類不要
  • 本人確認書類も不要
  • 引き落とし先の銀行口座も不要
  • 年会費無料

という面倒な手続きや年会費が無料になっています。


クレジットカードを新しく作る際は、免許証などの身分証明書を提示したり、自分の収入状況などを報告する必要があるなど何かと手間が掛かります。プリペイドカードはそれらの「審査」自体が不要で利用可能ですので、クレジットカードを何かの事情で持っていない方にとっては便利なカードと言えるでしょう。


実際にAppleStoreなどのクレジットカード情報にも、クレジットカードと同じように扱えるので便利です!こういうネットでどうしてもクレジットカード情報が必要な場合にも利用できるのでかなりオススメです。


また、年会費も無料になっているので、あまりクレジットカードを使わないライト層にも親しまれることでしょう。ただし、VISAプリペイドカードは基本的に、日本に在住しており18歳以上の人を対象に販売されているので、18歳未満の方は親と相談してから購入してもらいましょう。



VISAプリペイドカードのデメリット

購入時の手数料

もちろんVISAプリペイドカードにもデメリットがあります。それは不要な手数料がどうしても掛かってしまうことです。クレジットカードは、年会費無料のものがあり、手数料も一切かかりません(利用されるお店には手数料が掛かりますが、利用者側にはあまり関係のないことです)。


一方でVISAプリペイドカードは、購入時に手数料が掛かってしまいます。VISAを手軽に利用できるというメリットを享受するために、このカードはコンビニやカード会社を介して発行してもらうので、それだけの手数料は掛かってしまうのです。仕方のない事と割り切るしかありません。


ポイントは付かない

クレジットカードのうま味の1つにポイント制度があります。楽天カードだと100円ごとに1ポイントのポイントが付与されるので、実質1%の割引きになります。携帯電話料金や光熱費の費用をクレジットカードで落とせば、1年で数百円〜数千円のメリットを享受できます!


しかしプリペイドカードにはそのようなポイントシステムが無いので、使っても実質的な割引きがありません。結局これは現金払いと同じですね。クレジットカードを持っていない人は、仕方なしに現金もしくはプリペイドカードを利用するので、この点はあまり気にならないかもしれません。


もし、プリペイドVISAや現金払いを卒業してクレジットカードデビューするなら楽天カードが一番使いやすいと思います。実際僕もメインカードとして使っていますし、使えばゴールドカードの招待も来たりしますからオススメです!
【申込はこちら】楽天カード


メリットとデメリットありますが、クレジットカードときちんと差別化されているのがプリペイドVISAだと思います。クレジットカードを持っていない、もしくはクレジットカードは使いすぎるのが怖いので持てないという人にお勧めのカードです。


バニラVISAとVプリカ

バニラVISA

f:id:noon8:20150916235757p:plain
バニラVISAはコンビニなどで購入できるプリペイドVISAになります。


バニラ Visaの販売価格は5,290円(5,000円分)、10,490円(10,000円分)、20,890円(20,000円分)の3種類となっています。手数料は約5%程度です。20,890円のプリペイドカードが一番オトクかもしれませんね。しかし現在は、10,000円と20,000円分のプリペイドカードの販売は停止しているので、5,290円のプリペイドカードのみ購入できるようです。


プリペイドカードを購入したら裏側のコード(削って出てくるもの)をオンラインで登録すると、クレジットカードと同様の16桁のVISA番号やセキュリティコードを取得できます。購入されたら下記のサイトから登録しましょう。
バニラ Visa オンライン(ネット決済専用プリカ)



Vプリカ

f:id:noon8:20150917002501j:plain
Vプリカもコンビニで購入できるプリペイドVISAですが、ネットでも手軽に購入できるのがVプリカです。また、販売価格は多岐にわたっており、500円〜30,000円まで9種類の金額が選択できます。


コンビニでは2,000円〜10,000円のプリペイドを購入することができますが、ネットだと30,000円のプリペイドが購入できその手数料はわずか200円となっています!Vプリカの手数料は1%以下ですので、これだとかなり使い勝手が良さそうです(ただ、30,000円分を購入してすぐに浪費してしまっては意味がないので、大事に使いましょうね!)。

vpc.lifecard.co.jp



バニラVISAとVプリカの違い

SBIカードが発行しているのがバニラVISAとなっています。Vプリカは、ライフカードが発行しているプリペイドVISAカードになりますので、結局は同じように使うことができます。


楽天カードも三井住友カードも同じクレジットカードならば、お店でかわりなく使うことができますよね。それと同様で、VプリカもバニラVISAも名前が違うだけで、両方とも同じプリペイドVISAカードになっています。


コンビニにどちらが置いてあるか、もしくは2つとも売っているのか、お店によって違いますが、自分の好きなものを購入すれば良いでしょう。やはり手数料の安いVプリカは僕のオススメですが、バニラVISAも人気ですのでたくさんのコンビニが置いています。


購入時の注意点

バニラVISAとVプリカは同じプリペイドVISAですが、それらを合算することはできません。つまり、お金を追加しようと思ってもバニラVISAにはバニラVISAのカードしか使えませんので、2つ異なるカードを持ってしまうと少し不便かもしれません。


例えば、バニラVISAの残高が500円になりそれ以上の買い物をしたい場合、追加でお金をチャージしなければなりません。その際はバニラVISAを再び買わないといけませんが、もしVプリカを購入してしまえば残高500円のバニラVISAと残高5000円のVプリカが手元に残ってしまいます。つまり、使い勝手が悪くなってしまうのです。やはりカードは一枚にまとめておいた方が、何かと便利でしょう。


僕は金額の幅も広く、手数料も割安なものがあるVプリカをオススメします!Vプリカはポイント交換サイトなどでよく見かけるので、カードを一枚にまとめる際は便利になってくるでしょう。最近はアプリの課金をVプリカでされる方が多くなってきましたので、そうした背景からもVプリカの便利さが伺えます!


お得にVプリカを利用する方法

ライフカードを使い倒す!

Vプリカはライフカードが提供するプリペイドカードです。ライフカードといえば、誕生日月にポイントが5倍になる嬉しいクレジットカードですが、ライフカードのポイントはVプリカに交換することも可能です!さらにライフカードに加入すればVプリカをキャンペーンでもらえたり、学生だと3,000円分ぐらい貰えたりするのでかなりオススメです。


ちなみに学生にお勧めのクレジットカードは以下の記事にまとめています。やはり海外で5%もキャッシュバックしてくれるライフカードは最強です。僕も1年で5万円弱のキャッシュバックを受けましたw
学生にオススメするクレジットカード3つ!そして持つべき理由も3つ!これがあれば国内、海外でも大丈夫! - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す



ポイントサイトでVプリカを無料でゲット

ポイントサイトは、無料でVプリカやiTunesカードなどと交換できるサイトです。色々なアプリをダウンロードして利用したり、無料会員の登録などをすることによってポイントが貯まる仕組みになっており、それらを暇な時間にやることでVプリカなどと交換できるポイントを貯めるのです。


普通に1万円とか貯める人もいるので、ポイントサイトを利用してVプリカをゲットするのも1つの手ですよね。manekin(マネキン) は、ポイントサイトの中でも有名ですので、気になる方は登録してみるとよいでしょう。


登録→ポイントを貯める→換金という3ステップですので、かなり簡単です。
【manekin】無料登録で5000円&最大5万円GET!



まとめ

以上、プリペイドVISAについての紹介でした。


AppleStoreやGooglePlayなどにクレジットカードを入力する際は、とても便利ですし、あまり信頼の置いていないショップにクレジットカード番号を入力する際も、こちらのプリペイドVISAを利用すればいいんです。


Amazonでの買い物にも使うことができますから代引き以上に便利です!!!代引きで毎回手数料を払うぐらいならば、最初に少し手数料を払ってVプリカで購入するほうが安く済みます。コンビニ支払いも時間がかかってしまいますので、やはりクレジットカードもしくはこうしたプリペイドカードを持っておくと便利だと思います。


クレジットカードを持っていない方は、先ほど紹介した楽天カードなどを作るか、もしくはプリペイドVISAを作りましょう!ネット住民には必須です!


では!