読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

カリフォルニア・ディズニーランドを攻略!ファストパス・人気アトラクション・お土産・昼ご飯

旅行
スポンサーリンク

f:id:noon8:20150529141332j:plain

東京ディズニーランドとはまた違った良さのある、カリフォルニアのディズニーランド。カリフォルニアのディズニーランドは、「ディズニーランドアドベンチャー」と「ディズニーランドパーク」の2つのパークがあります。広大な面積を誇り、全部を制覇するには何日必要でしょうか...


カリフォルニアのディズニーランドは、東京よりも基本的に混んでいません!長い待ち時間でも1~
2時間程度です。この早さを味わってしまったら、もう5時間待ちとか無理です!比較的空いている平日を狙いましょう!


この記事では、ファストパスの使い方から人気アトラクション、お昼ごはんなどについて書いていきます。


ディズニーランドリゾートのチケット料金

チケット料金についてです。パークチケット料金は以下のようになっています。

1パーク料金 3~9才 ホッパーチケット
1-day $99 $93 +$56
2-day $185 $172 +$40
3-day $235 $224 +$40
4-day $260 $245 +$40
5-day $275 $259 +$40


上記は1つのパークだけの料金になっており、ホッパーチケットを追加すると、両方のパーク(ディズニーランドアドベンチャーとパーク)を行き来することが可能になります。


僕は2dayのホッパーチケットを購入したので、225ドルでした。ディズニーランドに近いホテルだとホテル内で購入できますし、パーク内でも購入は可能です。3day以上になると、オンラインでも購入可能になりますが、パーク内で買うのが一番確実だと思います。売り切れになることはないので。


ファストパスを使い倒す

ファストパスは、人気アトラクションに乗るために必須となっていますので、是非攻略しましょう!ファストパス(Fast Pass)は名前の通り、優先的に乗り物に乗れるチケットですので、待ち時間が60分でも5分で入場できちゃいます。


こちらが実際のファストパスになっています。
f:id:noon8:20150529141714p:plain


利用時間

2:10PM 〜3:10PM と書かれています。この間の時間にしか利用できないことを意味しています。これ以前でも以後でも利用は不可となっているので気をつけてください!この利用時間の前に他の乗り物に乗るのが攻略への第一歩です。


ファストパスの発行時間

また、ファストパスの下の方に
"Another FASTPASS ticket will be available after 2:10pm"と書かれています。


"他のファストパスは、2:10PM以降に発行可能となります"という意味ですので、この発行時間になったらすぐに次のファストパスを発行しましょう!発行しているファストパスの乗り物に乗っていなくても、ファストパスは発行可能です。ファストパスは2時間間隔で発行可能ですので、2時間刻みで発行できるように工夫しましょう。


ファストパスの発行→ファストパスの乗車というのがスムーズなやり方です。また、人気アトラクションになると、朝に発行しても利用時間が夕方になるものもあります。それでも2時間後にはファストパスが発行となりますので、発行したファストパスの利用時間を気にせずバンバン発行しましょう!


1パークにつき1ファストパス

実は、ファストパスは1パークにつき1ファストパスという制限になっています。つまり、アドベンチャーでファストパス発行して、隣のパークですぐにファストパスを発行することも可能です。ここまで使い倒せたらファストパスの完全攻略と言えるでしょう。


ただ、どちらも2時間おきに発行していたら走らないと追いつかないぐらいです。笑 むやみやたらに発行して乗れなかった...とならないように、時間の管理もしっかりしておきましょう!


実際の行動

f:id:noon8:20150529151559p:plain

僕のディズニーランド2日目は、こんな感じでした。ディズニーランドパークのファストパスは2時間おきに取っています。また、カーズは、あまりにも楽しかったので、2日連続で乗ることに。ディズニーランドに到着したらアドベンチャーのカーズのファストパスをゲットすべきです!人気なので夕方になるとファストパスの発行は終わりになってしまいます。


人気アトラクション

Radiator Spring Racers(カーズ)

f:id:noon8:20150529141859j:plain

Radiator Spring Racersは、カーズの世界を存分に発揮したアトラクションになっています。プーさんや白雪姫のアトラクションもその世界観を味わうことができますが、カーズに至っては「世界観+コースター」という2つの組み合わせになっているので、一度で二度味わうことができます。

カーズを満たことがある人なら興奮すること間違いなし!そうでなくてもまた乗りたい!と思えるようなアトラクションだと思います。東京ディズニーランドにはないので、是非、絶対に行きましょう!


Grizzly River Run

f:id:noon8:20150530050713j:plain

Grizzly River Runは楽しい、冷たい、興奮!の三拍子揃ったアトラクションです。よくある水しぶきがかかるアトラクションです。ファストパスも使えますが、僕は待ち時間なしで乗ることができました。その後は30分待ちになっていたり...運も左右するところです。


また、雨合羽を持っていくのも良いと思いますが、やはり濡れてこその楽しさがそこにあります。殆どの人が雨合羽なしで挑んでいたので、熱い日は生身で挑みましょう!笑


Matterhorn Bobsleds

ボブスレーのようなコースターアトラクション。いつ見ても長蛇の列でした。1時間待ちは覚悟したほうが良いでしょう。ファストパスも発行されていないので、並んだ順になります!カーズのファストパスまでの時間は、こうした人気アトラクションかつファストパスの発行がないものを早めに乗っておきたいですよね。


僕は暑くてくたくたになっていたので、並ぶことを諦めました。笑


Indiana Jones Adventure

こちらもファストパス発行のあるアトラクションです。インディ・ジョーンズの世界観と水上のコースターを味わうことができます。昔からあるにも関わらず色あせないアトラクションになっています。


昼食はやや高め

ディズニーランド内で昼食を取る方は多いと思いますが、そこまで期待するほどではありません。ちゃんとしたテーブルで食べようと思えば、チップも15~20%必要になってきますので一人あたり30ドルぐらいを想定しなければなりません。


Smokejumpers Grill

そこで僕がおすすめするのは、ディズニーランドアドベンチャーのGrizzly PeakにあるSmokejumpers Grillです。ハンバーガーとサラダが基本メニューとなっています。サラダとベーコンバーガーを購入しました。下の写真がそれです。
f:id:noon8:20150529141818p:plain


野菜しか見当たらないでしょうが、実は左側の野菜の下にハンバーガーが埋もれています。笑 ここのハンバーガーは野菜が最初から挟んでおらず、セルフで野菜を取ることができます。これを知った時、サラダを購入しなければよかったと少し後悔をしましたが、それでもハンバーガーは10ドル、サラダは8ドルぐらいでしたので、とてもお得でした!お腹もとても膨れるし、野菜も取ることができるので、コスパは最高だと思います!


Pizza Port

ディズニーランドパークのTomorrowlandにあるPizza Portはパスタやピザ、サラダを食べることができます。ピザの味は日本人に馴染みがないようなもので、やや口に合いませんでした。しかも一切れ8ドルぐらいはするので、少々高いです。それならハンバーガーが良かった!と思った次第です。


ジュースを飲みたいならTiki Juice Bar

バナナなどフルーツで有名なDoleによるお店です。いつ見ても少しの行列ができています。ここのフレッシュなジュースはいつも人気なので、是非飲んでみてください!


僕はお金をキープしたかったので、買いませんでしたが、パイナップルジュースが美味しそうでした。トリップアドバイザーの評価でも高いことで有名な場所なので、いけばよかったと後悔しています。


水は持参すること

f:id:noon8:20150529141404j:plain
水は自分で持参することをおすすめします。ディズニーランドで売っている水は1本3ドルしますので、結構高いです。僕は500mlの水のペットボトルを3本持って行きました。これでちょうど良いぐらいでした。少なくとも2本は持っていったほうがいいと思います。


水は近場のセブンイレブンで20本入りのものを購入しました。1,2日目にディズニーランドで3本ずつと、ホテル内で1日2本ぐらいは飲みますので、10本は消費すると思います。2人で行くと2,3日でちょうど消費するか少し余るぐらいです。しかもたったの5ドルです。ディズニーランドで買えば2本で6ドル。セブンイレブンだと20本で5ドルになります!


お土産のグッズ

基本的に、東京ディズニーランドとは違ったオリジナルな商品が置いてあります。Tシャツもカリフォルニアのマークが入っていたり、東京ディズニーランドには無いテーマパークのグッズはもちろんここでしか買えません。

僕は、小さいキーホルダーやバッジ、ぬいぐるみ、Tシャツを購入しました。マグカップは少し荷物になると思いやめました。。。スーツケースと財布に余裕があれば、他にも買いたいものはあったのですが、小さいものでも1つ10ドルはしますので、ちょっとしたお土産しか購入しませんでした。せっかくきたからには、何かいいお土産やグッズが手に入ると良いですね!


まとめ

ディズニーランドは、基本的にファストパスを中心に行動しなければなりません。ファストパスを中心に他のアトラクションを楽しみましょう!ファストパスが使えるアトラクションなのに、待ってしまっては時間の無駄です。僕も初日は、カーズのアトラクションをファストパスを使わずに並びました。かなり待ちましたので、次の日はファストパスを使おうと決意しました。


カリフォルニアのディズニーランドは、東京ほど混んでいないのでどんどんアトラクションに挑戦できますが、効率の良い移動が肝心となります。僕は足がくたくたで6時間しかいれませんでしたが、アトラクションには6つも乗ることができました。頑張れば1日で10以上は乗れると思います。ディズニー好きにはたまらないでしょう!


また、ディズニーランドパークよりも、ディズニーランドアドベンチャーの方が混雑していないので、ミッキーマウスなどキャラクターと写真を取りたいならアドベンチャーで写真を取るほうがいいかもしれません。プーさんのようにパークにしかいないキャラクターもいます。パークとアドベンチャーどちらに行ってもミッキーマウスはいました。ミッキーマウスって複数そんz


もしホテル予約がまだな方は、エクスペディアから検索してみましょう!CA(カリフォルニア)のAnaheim(アナハイム)地域周辺が送迎のあるホテルが多いので、カリフォルニアディズニーにうってつけです!
【公式】ホテル予約ならエクスペディア!!!


また各ツアーや国内・国外のパックツアーなど、全てお任せされたい方はJTBのパックが安心できますよね。
国内ツアー