読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

金持ちが家事代行サービスを利用する理由

ライフハック
スポンサーリンク

東京23区の中でお金持ちが多いのが断トツで港区となっています。時点は世田谷区になっています。港区は、六本木・南麻布・南青山・赤坂・高輪・元麻布・西麻布・白金台とゴージャスな地名が並びます。笑


このブログでは、家事代行サービスを紹介してきました。家事代行サービスを調べてみると、お金持ちの多い地域がよく利用しているようでした。お金を持っているから代行しているだけ。という単純な話ではないと思います。


ちなみにホリエモンが家事代行について言及した際、かなり炎上したことを覚えています。笑


月に2万円で家事代行は可能

こちらの記事の中で家事代行を比較・検討しています。
家事代行サービスの比較 〜積極的に利用したい3つのポイント〜 - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す

特にSwippという家事代行は、1時間あたり2160円で家事代行をお願いできます。交通費は1回あたり600円です。つまり毎週2時間お願いしても1ヶ月にたったの19,680円で代行が可能なんです。


某ミ◯タードーナツの会社の家事代行は、2人1時間〜で21600円という高額サービスになっていますが、今では格安で家事代行はお願いできる時代です。これを利用しない手はないでしょう。


金持ちが家事代行をする理由

http://www.flickr.com/photos/59217476@N00/10310176123

家事代行を毎週2時間を月に4回お願いしても19,680円という話をしましたが、時給に換算すると2,460円です。この2,460円という数字がとても重要です。


アウトソーシングは、外注価格のハイ&ローです。自分でやった方が安いなら自分でするし、自分がするよりも安い値段で誰かがやってくれるなら外注をすればよいのです。


あなたの価値は1時間当たり2,460円!ハイ&ロー!?


これが家事代行やアウトソーシングの基本的な考え方でしょう。千代田区や港区の方の年収は800万円らしいです。労働時間を1日8時間として、年間に250日労働すると合計で2,000時間になります。つまり、時給換算すると800万÷2,000h=4,000円/hとなります。


家事代行が2,460円で、自分の時給は4,000円。明らかに家事を代行した方が得ですよね。1時間当たり1,500円のプラスです。家事代行の時間を自分への投資や自分の仕事に充てた方が良さそうです。ちなみに年収500万円がちょうど時給換算で2,500円ぐらいになります。ここが分かれ目になりそうですね。


お金持ちは自然とこうした考えをしてるでしょうから、家事代行を頼むのでしょう。事実、家事代行サービスは港区等からの申込みが多いです。当たり前ですが、年収と家事代行サービスは比例しています。


年収500万以下でも利用すべし

年収500万円以下の人は、自分の価値が2,500円以下だから家事代行サービスを利用しちゃいけないのでしょうか?そんなことはありません。たとえ年収が300万円だとしても、家事代行サービスは積極的に利用できます。


レバレッジという考え方はみなさんご存知でしょう。レバレッジ=テコの原理を意味しています。今の資源にテコの原理を利用して、その価値を何倍にもするということです。つまり、自分の時間を将来のための投資にあてれば、例え年収が低くても家事代行サービスは大きな価値を見出してくれます。


レバレッジで格差拡大

自分が掃除をした方がお得なのに、レバレッジなんてかけてられるか!お金がそもそも無い!というのは反論にはなっていないのは、これまでの話で分かることでしょう。


どこかで自分に投資をしなうてはなりません。金持ちはどんどん自己投資に時間を費やすことができ、そうでない人は自分への投資が少なくなっていきます。それはつまるところ格差となるのです。お金がお金を生むのはこうした所からも分かるでしょう。


僕はこの記事でもレバレッジに関して話をしています。
大学生がアルバイト以外の副業でやっては良い・いけない大事な話 - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す


要は、大学生がアルバイトをするのって、もったいないよね。という話です。奨学金という名のローンは、無利子・有利子でも3%以下で借りることができます。こんなに良い制度はないです。アルバイトをする時間があったら借金をしてでも自分に投資をすべきです。それができないと、社会人になっても自分に投資ができない人間になってしまします。



まとめ

自分で掃除するのも結構な運動になりますから、掃除=運動と思ってやっている方もいるかもしれません。また、トイレ掃除のように自分で綺麗にした!という達成感を味わうために掃除をやられている方もいるかもしれません。


それはそれでいいです。


今回は、お金持ちが家事代行サービスを利用することで、さらに格差が広がっていくということについてでした。


とは言ってもどこかに投資ができる限界はあると思います。時間を大事にしたいからと言って、タクシーを中心の移動にはできませんしね。ただ、家事代行サービスは身近にできるアウトソーシングだと思うので、もっと広がっていけばと思いました。


そう考えると公務員ってレバレッジも掛けられない尊い職業なんですね。笑


では!!