読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

iPadProの純正キーボードの比較!AppleとLogicoolはどちらがおすすめ?!

Apple Apple-iPad
スポンサーリンク

iPadProのSmart Connector(スマートコネクター)

f:id:noon8:20160129154537j:plain

iPadProの特徴レビューに関しては以前の記事に詳しいです↓
namakeru.com


今回はキーボードのレビューをしたいと思います!


なんと言ってもiPadProにはSmart Connector (スマートコネクター)機能がついているので、Bluetoothでキーボードと接続しなくてもキーボードの入力ができちゃうという優れもの。写真にあるように丸穴が三つあるのが、スマートコネクターになります。これでキーボードと接続することができます。


ただ、このスマートコネクターに対応しているキーボードはAppleの純正品とLogicoolのもの2つがあるんです。LogicoolのキーボードもAppleのホームページで紹介されていますから、お墨付きを得ているキーボードですので、どちらを選べばいいのか迷ってしまいます。


しかも僕はAppleの純正品があるとは知らず、Logicoolのキーボードを最初に買ってしまいました...ちょっと後悔したのですが、LogicoolとApple2つのキーボードを比較してみたいと思います!



AppleのiPadProのためのSmart Keyboard

f:id:noon8:20160129154700j:plain


iPadProのためのスマートキーボードということで、すごく楽しみにしていました!一番最初に買ったのはLogicoolのものですが、ちょっと問題があり(後で書きます)Appleのスマートキーボードを結局使っています。開けるとこんな感じ。シンプルです!素敵!
f:id:noon8:20160129160734j:plain


キーボードがとても薄いのが分かるでしょうか?
f:id:noon8:20160129160817j:plain


キーボードの配置はこんな感じです。
f:id:noon8:20160129161005j:plain


日本語キーボードは僕は使っていないので、これですごく満足です。日本語と英語の切り替えも左下の地球マークを押せば一発ですので、すごく楽です。


磁石で引っ付けるのですが、このように持っても外れることはありませんでした。かなりしっかりと引っ付いています。
f:id:noon8:20160129161402j:plain


タイピング性能

f:id:noon8:20160129163316p:plain

Appleのスマートキーボードはタイピングしにくいという声もありますが、僕はかなり好きな感触でした。あまり深く押しこむのが好きではないので、僕は新しいMacBookやiPadProのキーボードが合ってます。逆にWindowsなどのあのカタカタする感じに慣れていると、ちょっと気持ちが悪いというか、打ちにくいのかもしれませんね。


f:id:noon8:20160129160936j:plain


感触はちょっとザラッとした感じなので、浅くてもタイピングがしやすいなと感じたのはこの辺りにあるのかもしれません。



保護機能は低いが軽い!

Appleのスマートキーボードは、保護機能が低いです。というのも、このカバーはキーボードという位置付けが優先されていて、背面をカバーする作りにはなっていません。後に紹介するLogicoolのキーボードカバーとは違って、保護性能は低いです。


しかし、とても軽い作りになっているのはメリットです。保護できないのはデメリットと言えるかもしれませんが、Logicoolのキーボードの重さが1.1kgに対して、Appleのスマートキーボードは340gですので、3倍も違います。良い差別化になってます。


また、カバーとはいってもきちんと閉じることはできません。キーボードの重みがあるので、カバーを閉じても開いてしまいます。これはAppleも閉じさせるつもりはないのでしょうが、Logicoolのキーボードはしっかりと閉じる仕様になっているので、やはり保護機能で言えばLogicool製品です。
f:id:noon8:20160129161531j:plain



こちらはLogicoolのもとのAppleのキーボードの比較です。右のAppleのスマートキーボードは薄いのはよくわかると思いますが、背面が保護されていないのが分かると思います。
f:id:noon8:20160129161253j:plain


しかし、Appleのスマートキーボードで背面をカバーできなくても、それをカバーする商品は売っています!「また買わせるんかい!」というツッコミを入れたくなりますが、あまり物を付けないAppleらしい美学です。笑


ただ、Appleのカバーとなれば約1万円ほどしてしまいます...つまりキーボードと併せて購入すると3万円也!


ありがたいことに、サードパーティ製として約5000円で購入できる背面カバーがあります。現時点ではAmazonでは買えませんので、楽天で購入しましょう。


僕もApple製ではなく、こちらの商品を購入しました!Amazonでは安い背面カバーが売っていたりしますが、そちらはスマートキーボードと互換性がないので、スマートキーボードと同時に利用したいなら互換性のあるものを購入した方がよいです。

作りはこれで5000円?という素材ですが、これしか現状では良いものがありませんので、文句はないです。笑
f:id:noon8:20160130171456p:plain

このように角をしっかりと保護してくれるので取り敢えず一安心です。
f:id:noon8:20160130171543p:plain


背面ケースが透明なのでしっかりと色を主張することができます。最近はゴールドを選びますが、オーソドックスなシルバーも好きですね〜
f:id:noon8:20160130171855p:plain


Smart keyboardの価格と購入場所

Smart Keyboard(スマートキーボード)は、Appleの公式サイトで購入可能です!お値段は21,000円と安く貼りません。しかしながら、これ以上安く手に入れる方法があります→もちろん我らのヤフオクです!笑

ヤフオクだと送料込みで16,000円で売ってたりするので、約5000円も安くて手に入れることが可能です。おそらくiPadProは買ったけど、キーボードは不要もしくは使いづらかったという人が売っているのだと思います。僕もこれに気づくのが遅くAppleで買ったのですが、ほぼ新品で出品されているので、ヤフオクで購入するのが一番経済的でしょう。価格は以下より確認可能です。まだ出品数も少ないので、欲しいなら早めに落札したいところです。
【iPad Pro】Smart keyboard



Logicool(ロジクール) CREATE iPad Pro

f:id:noon8:20160127200709j:plain


次にLogicoolのiPadPro専用のキーボードについてです。Apple以外の会社でスマートコネクターに対応しているキーボードを販売しているのはLogicoolのみです。信頼関係が築けているのでしょうね。


1.1kgとやや重いのが気になりますが、Logicoolのキーボードはちょっと難があります。。。


タイピングのしやすさ

1番気になるのは、タイピングのしやすさですよね。ズバッと結論から言います。

かなりタイピングしにくいです!!!


例えば、夏目漱石の有名な文章を僕の普段の速度でタイピングするとこうなります↓

吾輩は猫である。名前はまあdない。どこで生まれたかとんお検討あgつかぬ。なんでもうすぐありジメジメしたところでニャーニャー泣いていた事だけはきおくしえtる。我輩はここではじmて人間というものを見た。しかもtで聞くとそえrは書生というにんgねんちゅうで1番どうあkな種族だったそうd。このしょせいちおうのh時々あwれわれを捕まえてにえtくうというはあにである。

つまり、タイピングが早すぎると母音などが追いつかなくなります。MacBook Airで普段タイピングしている通りに打っていますので、とりわけ僕のタイピングが下手なわけじゃありません。だからこそストレスが溜まるのです!怒 dとaで「だ」とタイピングしようとすると「あd」と逆になってしまったり、強くタイプしても認識されなかったり、、、かなりの厄介ごとです。これでもかなり気を使ってタイピングしたんですけどね。。。


これは買って損しました!!!


と書いていましたが、あまりにもおかしすぎるので、ロジクールにクレーム入れたところ、さすがにそれはキーボードがおかしいということで、別の新しいものと交換することに。。。


で、また新品がきたのですが、やっぱりおかしかったですw 2万円もするキーボードのくせにこの品質には怒り狂うしかないです。笑 そこらへんのBluetoothキーボードの方が全然優秀なぐらいこのロジクールのキーボードはクソでした。



なので、また電話をして全然タイピングしても文字が追いつかないし、文字が出ない!とクレームしました。問い合わせの回答は「OSの問題」ということでした。LogicoolのキーボードとiPadProは今のところ相性が良くないみたいです。


僕がLogicoolのキーボードを購入した後にAppleのスマートキーボードを購入したのですが、Appleのキーボードはストレスが全くなく感じたのもLogicoolキーボードのおかげかもしれません。笑


購入場所と価格

LogicoolのキーボードはAmazonで購入すると10%のポイントが付与されるので、実質の価格が安くなります。Apple同様2万円ぐらいしますが、ポイント分を考慮すると18,000円となります。少しAppleのより安いです。



Logicool ロジクール CREATE iPad Pro キーボードケース Smart Connector (スマートコネクター) 搭載 バックライト付き Ik1200




まとめ

f:id:noon8:20160129161744j:plain


以上よりiPadProの純正キーボードの比較をしてみました!Bluetoothキーボードは論外なので、ここでは触れませんでしたが、いつか機会があればレビューしたいと思います。


しかし今回はAppleとLogicool社のキーボードには大きな差がありましたね。表にまとめました!

Apple Logicool
価格 21,380円 18,350円
保護機能 正面のみ ガッチリ保護
重さ 340g 1.1kg
タイピング性能 相性が良い OSによっては打ちづらい


以上のような結果に。Logicoolのキーボードに関するレビューをあさってみましたが、僕のような報告が見られませんでした。しかしLogicoolもOSとの相性でタイピングに誤作動が出ることを認めましたので、僕はオススメしません!iPadProのキーボードを買うなら現時点ではAppleのスマートキーボードが優秀です。


以上になりますが、Logicoolのキーボードに関してはOSのアプデに期待して押し入れに保管しておこうと思います。


では!