読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ピナクルスポーツの登録方法と利用方法。スポーツ観戦を面白く!

スポーツ スポーツ-野球
スポンサーリンク

以前、野球の観戦術について書きました。
野球観戦が更に面白くなる古田式野球観戦術!イチローと青木を見にメジャー観戦! - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す

今回は、観戦をもっと面白くするブックメーカーについて紹介します。自分の観戦する試合が賭け事の対象になっていると、応援にも熱が入ります!ちなみに、野球賭博で事件になったこともあるように、日本での賭博は禁止されています。しかし、ブックメーカーは海外サーバー、海外の運営によって管理されていますので、日本の法律の範囲外となっています。


カジノ法案の議論がこれからなされると思うので、この賭博に関する法整備は今後進んでいくことでしょう。その過程で、こうしたブックメーカーの利用が禁止される場合もあるでしょうから、その時はこの記事に修正を加えたいと思います。

オンラインカジノの違法性については、Wikipediaに詳しいです。
オンラインカジノ - Wikipedia


ブックメーカーとは

ブックメーカーとは、台帳(ノミ帳)を付ける人という意味からきています。ブックメーカーは、いわゆる賭け屋です。欧米ではブックメーカーがいくつも存在しています。ブックメーカーの賭けの対象は主にスポーツですが、皇太子の子どもの名前は何になるのか?なども賭けの対象になったりします。笑


スポーツが賭け事の対象になっていますが、サッカーや野球、ラグビーなど多岐に渡ります。ワールドカップで優勝する国や、Jリーグや日本のプロ野球もその対象になっていますから、全世界のスポーツに対応しています。


今回は日本語にも対応しているブックメーカー:ピナクルについて紹介します。


ピナクルスポーツとは

1998年に創業されたピナクルスポーツは、日本語にも対応している高還元率で有名なブックメーカーです。ブックメーカーは手数料で運営がなされていますが、ピナクルスポーツはその手数料が低いことで有名です。

登録方法

Pinnacleの登録はここから可能です。

サイトへ行くと英語表記になっていますが、下の画像のように日本語に設定することが可能です。
f:id:noon8:20150521031839p:plain


日本語に設定した後に「アカウントを開設」をクリック。あとは、個人情報の入力・パスワードを設定すれば登録は完了です!メールアドレスにIDが送られてきますので、大切に保存しましょう!


口座の開設

アカウントを作成してもすぐには利用できません。ピナクルに入金をしなければならないのですが、日本のクレジットカードは利用できません。基本的に海外のブックメーカーは、ネッテラー(Neteller)というネットバンクを経由して利用します。ネッテラーはロンドン証券取引所に上場している企業です。


ネッテラーも日本語に対応しているので簡単に口座を開設することができます。こちらから口座を開設することができます。


ベットの指標の見方

ピナクルスポーツでログインした後、ベースボールの欄に日本の野球を選択することができます。そこからセ・リーグとパ・リーグを選択することができます。今回はセ・リーグを見てみます。

ベット画面はこのようになっています。
f:id:noon8:20150521033324p:plain


スプレッド

横浜DeNAとヤクルトスワローズの試合を見てみましょう。「スプレッド」は、-1.5や+1.5という記述がされています。これはそのチームの得点に+-1.5をした数字で勝つかどうかを意味しています。この例だと横浜に-1.5点した際のオッズは2.340となっていますね。


マネーライン

「マネーライン」は、純粋な勝ち負けを意味しています。横浜が1.813で、ヤクルトが2.110というオッズになっています。つまり、多くの人が横浜が勝つと見込んでいるんです(涙 横浜のピッチャーは三浦で、ヤクルトが飛翔成瀬です。ちなみにこの日は、横浜DeNAが2-0で勝利しました。


トータル

「トータル」は、その試合全体で何点入るのかを予想する場所です。オーバー7.0とアンダー7.0がありますが、2-0でゲームが終了すると、アンダー7.0にベットしていた人の勝ちとなります。反対に、この日のゲームが4-5となれば合計が9点となり、オーバー7.0にベットした人に払い戻しがされます。もし3-4で合計点が7になった場合は、ノーカウントとなり、ベットした額が払い戻されます。


まとめ

以上のような方法で、ピナクルを利用することが可能です。


僕も早く神宮に足を運びたいです!別にこうしたブックメーカーを利用せずとも、応援に熱が入ってしまうのがファンというものですよね。


では!