読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

POLA(ポーラ)のWHITISSIMO(ホワイティシモ)日焼け止めを使ってみてのレビュー。めちゃくちゃオススメ!

健康
スポンサーリンク



【公式】ホワイティシモ byPOLA

今回はPOLAの日焼け止め:ホワイティシモについて解説・レビューしていきます。実際に注文をして試してみました。外装はこんな感じでクロネコヤマトで来ました。
f:id:noon8:20150818000807j:plain

美容液成分配合

POLAの製品は高級なものってイメージがありますが、やはり商品に妥協は許しません!ポーラのUVブロックをしてくれるホワイティシモは、日焼けを防ぐ美容液と言えます。

ホワイティシモには、肌が黒くなってしまう原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを未然に防ぐ美容美白成分が配合されています。


もちろん顔やからだ両方に使用することが可能です。


日焼け止めとしての性能

f:id:noon8:20150818001351j:plain
ポーラのホワイティシモの紫外線対策となる指数は

  • SPF50
  • PA++++

と日焼け対策としてもバッチリです!

SPFは、主にUV-B(紫外線のB波=シミやソバカスの原因)を防いでくれる指標となります。SPF50というのは、日焼けがかかるまで50倍の遅さに延長してくれるので、長めの外出時はSPF50を選びたいところです。


PAは、主にUV-A(紫外線のA波=シワやたるみの原因)を防いでくれる指標となります。+が多ければ多いほど、効果が高いことを意味しますので、+よりも++++の方がUV-Aをカットしてくれる期待が高まります。


しかし、これらの数値(SPFやPA)が高いからといって、日焼け止めの製品として完璧とは言えないのです。 高ければ高いほど、肌への負担も大きいということを忘れないで下さい!


考えてみれば、紫外線を防止するための液体を肌に直接塗るのですから、お肌に負担が無いとは言えません。紫外線から守ってくれても、肌に負担が掛かってしまえば逆効果です。


その点ポーラのホワイティシモは、アレルギーテスト済みですし、美容成分も配合されていますので、同じSPF50・PA++++の商品と差別化できます。敏感肌だけど、紫外線からも守りたいというニーズに応えた日焼け止めと言えるでしょう。


だからこそ、顔にも塗ることのできる日焼け止めとして利用されます。


嬉しいウォータープルーフ

もう一点嬉しいのは、ポーラのホワイティシモは、ウォータープルーフであるということ。ウォータープルーフは、防水を意味しますので、汗や水に対して落ちにくいです。


スポーツをされる方や、外出先でよく汗をかく方にとても使い勝手が良い日焼け止めと言えます。また、汗で落ちにくくなる防水性を持っていますが、普段使っている洗顔料などで洗い流すことができますので、肌への負担もそれほどないと言えます。


季節問わず日焼け止めは必要だが...

夏は日焼けをしてしまうので、日焼け止めを使用する意識が高いと思います。しかしながら、冬も夏同様に紫外線が降り注いでいるので、日焼け止めは必要となってきます。確かに冬は夏に比べると紫外線量は少ないのですが、シミの原因となるメラニンは蓄積されていくので、UVカットは常に心がけておきましょう。


ホワイティシモは冬には強すぎる?

ホワイティシモはSPF50・PA++++とかなり効果が期待できる日焼け止めといえますが、冬の紫外線量を考えてみれば、スペックオーバーな気がします。


冬であればSPF20でPAも+1個ぐらいで十分なので、ホワイティシモだと十分すぎるスペックと言えます。スキーやスノボで山など高所にいく場合だと紫外線量が増しますので、ホワイティシモぐらいのスペックは必要となってきます。


しかし日常使いであれば、そこまでの機能は必要ないのでホワイティシモなどの高機能日焼け止めは不要かもしれません。


ただし、ホワイティシモには美容成分が含まれていることは先ほども述べたとおりで、他の日焼け止めとは違って肌に負担をかけにくいところが特徴的です。


冬であっても、夏であっても季節を問わずして1年中使えるところもホワイティシモのよい所ですね。
【公式】ホワイティシモ byPOLA


実際にホワイティシモを使ってみた

僕はしょっちゅうゴルフに行くのですが、炎天下でのゴルフは地獄です。日焼け止めを塗っておかなければ顔は真っ赤に。実際に僕は日焼け止めを塗らずにプレーをして、肌が真っ赤に焼けてしまいました。


それから日焼け止めを塗るようになり、ポーラのホワイティシモに辿り着いたわけです。


確かに汗に強い

実際にゴルフをプレーすると汗を大量にかきますが、腕からにじむ汗が若干白っぽくなっているのが分かりました。ウォータープルーフとは言っても、毛穴から出る汗までは防げないでしょう。ただ、その汗を拭っても日焼け止めとしての機能は果たしてくれていました。その日は焼けることなく終えましたから!


ただ、日焼け止めは塗ってしまうと、徐々に効果が薄れていってしまうので、こまめに塗ることも忘れないようにしました。昼休憩時に、もう一度日焼け止めを塗るなどして、日焼け止めとしての機能を維持してくれたと思います。


塗り心地も最高!

僕が今まで使ってきた日焼け止めは、ちょっと粉っぽいヌルッとしたものでしたので、肌に塗りにくい印象がありました。確かに、ウォータープルーフの日焼け止めとなると、汗で落ちにくくさせるため、なかなか水っぽくはできません。


しかしホワイティシモは、かなりサラサラな塗り心地でしたので、美容液を塗っているかのような感じでした。実際に、ホワイティシモは日焼け止めとしての機能もありますし、美容美白成分も含んでいるので、一石二鳥で嬉しい商品ですよね。


まとめ

f:id:noon8:20150818001401j:plain
ポーラのホワイティシモをまとめると、

  • 美容美白成分を含んだ美容液
  • もちろん日焼け止めとしての性能も抜群(SPF50・PA++++)
  • 汗や水に強いウォータープルーフ
  • 顔や身体に使えて、普段のソープなどで洗い流せる
  • 使い心地もよく、実際に汗にも強かった!

日焼けってのは、すぐに顔が赤くなって、黒く焼けてしまう厄介なものですが、それだけではありません。数年、十数年先の長い先の未来を考えると、シワやたるみ、シミやソバカスになるのは全て日焼け(紫外線)が原因です。


今日・明日の予防というよりも、もっと先のことを考えた予防として日焼け止めは選ぶ必要があります。その点を考えれば、ポーラのホワイティシモは僕のお気に入りの日焼け止めです!


POLA(ポーラ)のWHITISSIMO(ホワイティシモ)日焼け止めを使ってみての感想と解説は以上になります。


では!
【公式】ホワイティシモ byPOLA