読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ハワイで役立つクレジットカード3選!

旅行 旅行-ハワイ
スポンサーリンク

ハワイへ行ってきて、改めてクレジットカードの良さを実感しました。アメリカはカード社会(信頼関係に基づく社会)なので、現金よりもカード払いの方が普通です。今回は、ハワイで役立つクレジットカードについて書いていきます。


JCBブランドは最強

クレジットカードにはVISAやJCB、MasterCardなど色々なブランドが存在します。その中でも、ハワイで一際目立つブランドが日本の"JCB"です。

ご存知の通り、ハワイにはたくさんの日本人観光客や住民がいます。それに乗っかる形で日本のクレジットカードブランドであるJCBも存在感を見せつけています。JCBカードを持っているだけで特別な優待を受ける事ができます。

アラモアナショッピングセンターでは、JCBの支払いをすることで割引をしてもらえる店舗もあります。僕もハワイアンキルトのお店で割引をしてもらいました!

また、ワイキキ中心部を走るピンクラインというバスにもJCBを提示するだけで無料で乗車できます。アラモアナセンターも通ってくれるのでかなり便利でした。

ということで、ハワイに行くならJCBカードは必携です。普通、アメリカ本土ではJCBカードが使えない場合が多いので、僕はJCBを持ち歩かないのですが、ハワイではかなり良いですね、使えます!笑

無料でJCBカードを作り、尚かつポイントを有効に使いたい場合は、楽天やライフカードのクレジットカードがおすすめです。



プライオリティパスが付帯するクレジットカードを選べ!

プライオリティパスとは、世界多くの空港のラウンジを利用する事ができる魔法のようなカードです。


僕もこの半年で10回以上は使ったと思います。


ラウンジは、トイレも綺麗だし、お酒やジュースも飲み放題だし、お菓子やご飯もあるし、時々シャワーだって浴びる事ができる。その上、デスクが整っているのでパソコンをしながら充電をしたりなど、もはや無いと不便です!笑 乗り継ぎ時間が短くても、う◯こだけをしにラウンジに行った事もあります。この記事もホノルルのラウンジでオレンジジュースとみかんゼリーを片手に執筆しています。笑
f:id:noon8:20150120160739j:plain


ということで、このプライオリティパスの凄さを分かって頂けたでしょうか?年間何回も利用できるプライオリティパスの年会費は3万円以上してしまいます。


しかし、楽天プレミアムカードだと、年会費の1万円を支払うだけで無料でこのプライオリティパスが付いて来るのです!1万円で3万円以上のカードが手に入る。。。


言い忘れていましたが、楽天プレミアムカードのトラベルコースを選択すると、空港⇄家のスーツケース等の送料が無料になるサービスも存在します。楽天プレミアムカード恐るべし。。。


他にもプライオリティパスを手に入れる事ができるクレジットカードは存在しますが、楽天プレミアムが一番安いので絶対的おすすめです!


単純に高還元率カードを利用せよ

上記のJCBやプライオリティパスの付くクレジットカードは、特典の為に必要なだけです。クレジットカードの醍醐味と言えばやっぱりポイントですよね!ということで、単純に高還元率のクレジットカードをハワイでは利用する事をおすすめします。

とは言っても、上記に上げた楽天やライフカードがやっぱり安定しておすすめできます。楽天は一応100円で最低1ポイント付きます。また、ライフカードにおいては学生だと海外利用によって5%のキャッシュバックを受ける事ができます。また、社会人、学生問わず自分の誕生日月にはポイントが5倍になるというのもライフカードの凄さの一つです。


また、年会費が有料のクレジットカードで良いのならば、REX CARDや漢方、リクルートカード等がお勧めできます。こちらに関する記事はいずれ書こうと思います。


ということで、単純に高還元率のカードを利用すべし!とは言っても、結局はJCB楽天のゴールドカードを1枚持っていればとりあえずは事足りそうですね!


マイレージを溜めるべきか?

ここまでクレジットカードのおすすめを書いてきましたが、マイルが溜まるJALやANAのカードには触れませんでした。ハワイへ行かれる日本人の方は特に、航空機はANAやJALを利用する事が多いんじゃないかと思いますが...


僕は、安さ第一ですので、ANAとの共同運行便であるソラシドエアを除いて、ANAやJALをここ数年使った事がありません。最後に使ったのは高校の修学旅行の時ぐらいかな。大韓航空やチャイナエアライン等の航空券の方がかなり安いので、僕はANAやJALのマイルに興味がありません。


ANAやJALのマイルを溜めるという事は、そのマイルを使う際、その航空機しか使えないという縛りが出てきます。確かにマイルで事前予約をすれば、1マイルあたり3円~4円程の価値がありますが、格安航空券を取得したり、早めに航空券を予約する人にとっては無意味です。


マイルを溜めるという事は、他のクレジットカードでポイントを溜めておいた方が良かったかもしれないという機会損失もあり得ますので、よく考えて溜めるべきでしょう。ビジネスマンになると、いつ休みを取れるのか分からなかったりしますので、そういう不確定要素の高い人こそマイルを溜めて直前予約をした方が良いでしょうね。


よって、安さを求めて格安航空券を買ったり、早めに予約ができる人はマイレージを溜めるべきではなく、逆に格安よりも由緒あるJALやANAに乗りたい方はマイルを溜めるべきでしょうね。


ただ、JALやANAは年会費が掛かる場合があります。その点を踏まえると無料でポイント還元率の高いカードも存在するので、よく考えて利用登録をし、使う必要がありますね。


まとめ


以上より、ハワイで役立つクレジットカードを選ぶ基準を3つ書きました。

  • JCBブランド
  • プライオリティパス付帯(楽天プレミアム)
  • 高還元率


以上を満たせるようにクレジットカードを2枚程(VISAとJCB)用意しておいた方が良いかと思います。


ちなみに、円からドルにする場合は、日本の空港で換金しておいた方がよいですが、チップやタクシー料金以外に現金を使う事はほぼありません。笑 1人1万円〜2万円の現金を用意して、後は全部クレジットカード払いが一番の得策です。


ということで、ハワイに行かれる際は、クレジットカードの種類を是非検討してみて下さい!

アロハ〜