読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【No.1格安SIMカード】格安SIMはIIJmioのみを選べ!

SIMフリー SIMフリー-IIJmio
スポンサーリンク

IIJmio

IIJmioがヤバい

IIJmioはいつも良い方向で裏切ってくれます。しかし、ここまでIIJmioが振り切ってくれるとは思いませんでした。笑


さてさて、、これでOCNモバイルONEとか日本通信とか言ってられずに、IIJmioのみが絶対的な選択肢という状況になりました。


IIJmioの高速通信容量アップ!

IIJmioは常に格安SIMの先頭を走っていないと気が済まないようです。4月から実質値下げの、増量アップを行うようです。
格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio


IIJmioと言えば、価格を1000円から900円(税抜)に値下げしたり、1GBの容量を価格据え置きで2GBに増量するなど、常に攻めの姿勢を見せ続け、他社もそれを追随してました。そして今回も、2GBの容量は価格据え置きで3GBになるなど、またしてもやらかしています!笑


IIJmioの価格表

気になる価格をおさらいしましょう。

プラン名 ミニマムスタート ライトスタート ファミリーシェア
データ容量 2GB→3GB 4GB→5GB 7GB→10GB
データ専用 972円 1641円 2765円
1GB当たりの価格 324円 328.2円 276.5円
音声通話付き 1728円 2398円 3521円


1GB当たりの価格が、ファミリーシェアプランなら、276.5円という破格の安さ!自分の家族も3月から格安SIMへ移行し、ファミリーシェアプランを契約しました。


1人の契約の場合、3GBプランで972円。
3人でシェアプランの場合、1人当たり3.3GBで922円。
50円安くなって、300MBも使用量が増えるので、3人で利用できるならばシェアプランがおすすめです。

本当に助かります!ミニマムスタートプランとライトスタートプランは1GB当たりの値段もほぼ同じなので、この両者はご自分の利用状況で選べば良いでしょう。


既存ユーザーは無駄な手続きは不要

今回の増量を受けて、既存ユーザーは新たに手続きをする必要もありません。IIJmioのSIMを使っている人なら等しく、2015年の4月1日より新しい容量のクーポンが付与されます。BIC SIMやELSONIC SIMもIIJmioのプランなので、同様の容量で使用できます。


いつも安心して使える

f:id:noon8:20140918163655p:plain
このようにIIJmioは、価格競争の先頭に常に立っています。これはつまり、既存ユーザーが損をすることが少ないということです。上の画像は以前値下げをした際の広告です。IIJmioは定期的に値下げをしてくれます。笑


他の格安SIMは、IIJmioが値下げをしてから追随をしますので、いつも後手です。しかしIIJmioは先に値下げをしますので、既存ユーザーは安心して利用することができます。「あそこの格安SIMの方が安くなってる...」なんという後悔もなく使えると思います。


DMMmobileは無関係

ただ、DMMmobileはIIJmioの割り当てられた電波を貸してもらっているとは言え、DMMmobile独自の価格になっているので、今回のIIJmioの増量とは無関係です。ただ、DMMmobileも今後、IIJmioから安価で卸してもらう可能性もありますので、価格が下がる可能性は十分にあるでしょう。

と、思っていたら早速DMMも値下げです!笑
格安SIMのNo.1はDMMmobileへ!IIJmioの時代は終わり?! - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す


IIJmioの賢い使い方

auで頑張れば「かけ放題+7GB」で2500円〜3500円で運用できるのに対し、IIJmioは「電話機能のみ+10GB」で約3500円となってしまいます。

一見、auの方に軍配があがりそうですが、IIJmioのファミリープランの場合のメリットは

  • SIMを3枚まで使い分ける事ができるので「スマホ+iPad」というスタイル等も可能
  • スイッチon/off機能があるのはIIJmioの強み
  • 解約金は一切掛からない

この3点に集約できます。

よって、どうしても電話を掛けるシチュエーションが多い方はau(or SoftBank)を選択すべきですが、そうでないなら、SIMフリーiPhone+IIJmioが最強です。また今ではLINE電話など格安通話アプリが存在しますので、電話代も気にすることはないと思います。
namakeru.com


格安SIMのデメリットを享受した上で


以前、IIJmioを利用した際にトラブルが起こりました。上の記事では、ややIIJmioをディスってますが、それでも僕はIIJmioを推してきました。それは合理的に考えてIIJmioが絶対に他社より勝っていたからです!

IIJmioさん。IIJmioに対する文句の記事。スイマセンでした。消しませんが。

格安SIMはサポートが通常のキャリアよりもやや劣りますが、そうした事実を受け入れてでも格安SIMは家計をぐんと楽にしてくれます!


まとめ

ということで、SIMフリーと格安SIMを利用する際はIIJmioを使うように!という忠告でした。以前は、他社と比較をして「場合によって選び分けましょう!」というスタンスでしたが、今のところ、ほぼ強制的にIIJmioを勧めたいと思います。笑


また、以前も言いましたが、全体的に格安SIM業界を把握した上で僕はIIJmioを勧めており、他社の追い上げやIIJmioの凋落が見え始めたら、IIJmio推しを辞めます。IIJmioの回し者でもないので、これからも中立的な立場で考察していきます。


では!
申込はこちらから→IIJmio